2007/1/29

グローバル化の裏側には・・・  月曜:ちょっと舞台裏

社会のグローバル化は地域間の物流を豊かにし、全国どこでも欲しい物が手に入る時代になった。それはそれで「便利」な事だ。
でも、それと引き換えに忘れられるものもたくさんある事実。

グローバル化の中の「便利」というのは、決して「良い」という意味ではない。
本当に良い活用に対しては個人が「重宝する」という評価を用いて口コミやネットで伝える。逆に見れば世間一般で「便利」とされている物に含まれないで見落とされている物がネットで見つけられ「重宝」している。捨てる神あれば拾う神あり、というのはひょっとして。。。。もちろん怪しいものもたくさんあるからネットは注意が必要だが、某テレビ番組の「やらせ」など、ネットで早々にねつ造が暴かれていたし、騙された(いや、テレビを過信した)人に責任がないでもない。飛行機のチケットを正規の料金で利用する人など何人いるのだろう、、、知らないと損をする社会に企業も知らずの内に足を踏み入れているように見える。

「滅多に手に入らないものが入りましたよ」
「えっ?ホント!!」

この感激は「便利だねぇ〜」ではなく本当は「重宝するねぇ〜」だ。

「便利」というのは元々に不便というあからさまな障害が存在していただけの事。大概の場合が時間と距離に起因する障害だ。だから「あからさまな障害」をちょっと取り除くだけですぐに「便利」になる。
しかし、一度使うと次からはそれが普通(当り前)となり、やがてもっと効率的な結果を求めようとするのが人間の心理だ。どんどん便利になる、というのは物事がどんどん効率的になってるだけで、進化や発展しているのではないから感激する時間もとても短いのだ。

「重宝」に値するものになると、「便利」という対価(マス)では計り知れない領域に達する。しょっちゅう手に入らなくったっていい。千差万別に人々が「愛着」さえもってしまうもの、そんなものだろう。価値観は好みと同じように千差万別。ある人にとっては「ゴミ」であっても、ある人にとっては「お宝」である場合が多い。そのような千差万別なものに対しては「便利」という対価(マス)では対応出来ないものだ。出来れば「コレがいいんだ!」と言う価値観を持たせ一つの事に注目させるなどして本来千差万別な趣向を「野放し」にしたくないからだ。例のねつ造番組のシナリオなどはその最たるものかもしれない。

「みんなと一緒だからいい」

この価値観はある意味で危険かもしれない。
義務教育などでこういう価値観を増大させるから陰惨な事件に結びついているのかもしれない。

「みんな違うから面白い」

になればよいのだろうなぁ。
でも、これは個人主義の事じゃない。
違ってるからいいわけでもない。要はその違い方の度合いなんだと思う。

「みんなと一緒の時間もあって、違う時間もある」
そうなればいいんだけど、それを誰がどのように評価するのかは難しい。
教員免許の更新制などはある意味では有意義で、かつ更新内容によっては多大なリスクも含む。やってみなければわからないだろう。

難しいけど、人に「便利」に利用されるのと、「重宝」がられるのと、どっちも選べる社会になるといいねぇ。ツキナミに共存って事よね。

美しい国、日本。
どうしたんでしょ、突然。
スローガンとしてはさっぱり意味がわかりません。

あなたは何に美しさを感じていますか?

クリックすると元のサイズで表示します
『いなり寿司』
何処にでもある、それでいて地方によってかつては全然違う味付けが楽しめた「いなり寿司」。発祥は愛知(豊川稲荷)とも名古屋とも言われる。関西系は狐の耳を模した「三角いなり」、関東系は俵型に包んだ「篠田鮨」にルーツがある。関西系は薄手の揚げを斜めにカットし薄味に仕上げ、酢飯に味付けした椎茸、蓮根、人参等を混ぜた全体の風味とバランスが美味しい。関東系は厚手の揚げを真ん中で二つにカットし油落としして裏返してあっさりと甘辛く煮込み、酢飯には何も混ぜずシンプルに仕上げた飽きのこない味がこれまた美味しい。

しかし近年は「コンビニいなり」に見られるように俵型の揚げに濃い味付けをしてシャリは白米だったり山菜を混ぜたりする変形いなりが幅を利かせ「三角いなり」「篠田鮨」とも急速に勢力分布が縮小気味。「コンビニいなり」は一見「篠田鮨」に似ているが濃い味付けに油落としをしない為にやたらと甘くかつ濃くヘビー(油ぎってれば濃くしないと揚げに味が入らないよな)。調理が簡単な為に全国に普及し今では「コンビニいなり」しか知らない人もいる。
「三角いなり」はいなり用の薄揚げを製造する所が減り(裁断前の揚げの大きさも異なる)西日本の多くの地域で絶滅し関西と四国に残るのみ。
グローバル化の弊害はこんなものにまで影響が及ぶ。

いなり寿司なんかなくったってい〜や。
そう思ってしまうと一事が万事、誰かの思うツボになってしまうんだよ〜。

おしまい



2007/1/31  4:10

投稿者:あかまつとしひろ

>壷さん、
僕も三角いなり寿司ファンで、西日本に行くと懐かしい味を求めてデパ地
下、スーパー、惣菜屋からめを離せません(笑)。でも、イマイチ「これ
だ!」という味に再会できないのですよ。正方形の揚げと長方形の揚げ、
説明を忘れていました。ありがとう。

2007/1/31  3:01

投稿者:壷

はじめまして。いつも拝見しています。
三角いなり、九州でも最近見かけませんが三角いなりは正方形の揚げ、俵いなりは長方形の揚げを使うからだったと思います。油抜きして出汁のしみた三角いなり、食べたくなりました!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ