2019/2/4

訃報 児山紀芳先生、ありがとうございました  Final Cadence/追悼

児山紀芳先生が昨日お亡くなりになりました。
昨年来療養中で連絡も奥様を通じてで大変気になっていた矢先の事で、残念でなりません。

先生にはいつも叱咤激励頂き、折れそうになった心の痛手を何度も勇気づけられて今日に至りました。

思い返せば小学校の頃に愛読書だったスウィング・ジャーナルの「本誌・児山編集長」の様々な海外レポートが先生との第一次接近遭遇で、今日まで繋がらせて頂いた事は、言葉では言い尽くせない感謝と感激の連続でした。

いろいろと気持の整理が着いてから先生との事を振り返ってみたいと思います。

心から御冥福をお祈り致します。

2019年2月3日 赤松敏弘

クリックすると元のサイズで表示します

写真は先生の番組『JAZZ TONIGHT』の収録に市原ひかりと出演した2015年1月22日のもの。今にもあの「全国のジャズファンのみなさん、こんばんは。児山紀芳です」という声が聞こえて来そうですー 一緒にいる人: 左から:児山紀芳 市原 ひかり 赤松敏弘 場所: NHK放送センター

児山紀芳先生にライナーノートを執筆いただいた作品:

クリックすると元のサイズで表示します
six intentions (2002年/スリーブラインドマイス)

クリックすると元のサイズで表示します
axis (2010年/ベガ)

クリックすると元のサイズで表示します
majestic colors (2014年/ベガ)

クリックすると元のサイズで表示します
synonym (2017年/ベガ)

わたしの人生にとって、音楽家として、ヴィブラフォン奏者として、児山先生の言葉で息吹を与えられたこれらの作品は永遠の宝です。

ありがとうございました。

安らかにお眠り下さい。


オフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

#ビブラフォン #ビブラホン #ヴィブラフォン #Vibraphone




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ