2006/4/26

数ある中でも・・・・やっぱりコレ!  水曜:これは好物!

昨日(4月25日)も一昨日に続いて東京地方は天変地異もどきの空模様
一日で全部見れます
さすがにはどうかと思いましたが、弟子T改めN嬢の情報によれば高幡不動方面で降ったそうです。昼頃は空が真っ暗で屋外のセンサー式照明が全部灯るほど。さらにまっ黄色(黄緑色)の空と豪雨。それが去ったと思うと、、完全に冬の気温に逆戻り。カーエアコンをオートにしていたら自動的に暖房に切り替わってました。
どーなってるの?



さて、水曜日は好物のお話し。先週登場した東京駅の『東京弁当』。その中で駅弁マークのある弁当と無い弁当では雲泥の差があると書きました。
最近は紐を引くと温まる仕掛けの駅弁もありますが、基本は「冷めた状態で美味しい」というのが駅弁の基本で、その為には製造業者さんの長年のノウハウが生かされているわけで、その基準に適合した業者の弁当のみに「駅弁マーク」というものが与えられているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
これがソレ 基準に適合した弁当の包装紙や入れ物の何処かに表示されています。
どうせ買うなら作り手のノウハウがぎっしり詰った駅弁。是非チェキラ

もちろん新規参入の業者さんのものも美味しいと思われる(買わないのでわからない)のですが、一度は「駅弁マーク」試してみる価値はありますよ。コンビニのお弁当を温めないで食べるとまずいのは、その辺りの素材と技の差で、ビニ弁の価格が安いのは当たり前です。


さて、その前の週の川越市「小川菊」の鰻。これは鰻専門店の出来たてホカホカの鰻重のイチオシでしたが、駅弁でもイチオシの鰻弁当があります。もちろん鰻は嫌いという方々が一様に言う「臭み」などまったくないのは当然です。

それがコレ
クリックすると元のサイズで表示します
東海道本線・新幹線 浜松駅『うなぎ弁当』自笑亭製
(東海道新幹線・東海道本線 掛川駅でも販売)

昔から東海道新幹線の車内販売で浜名湖が見える付近になると「浜名湖特産、ホッカホッカのうなぎ弁当はいかがですか〜」と売りに来ますね。高校の頃から新幹線で毎月東京に通っていたので、岡山から乗ると名古屋の次は東京。この間の停車駅が微妙に長い。しかも早朝に山の中から出て来ているのでこの辺りになるとお腹のムシがグ〜
育ち盛りなのでもう耐えられません。「すいませ〜〜ん、ひとつ」
で、発砲スチロールに入った温かい「うなぎ弁当」をパクリと食べて、「うまい」と。

しかしですよ? 冷静に考えるとですよ? 名古屋の次は東京まで停まりませんから、浜名湖の特産品で出来たて、というのはですよ? いったい何時仕入れたんでしょ??

何往復もしない内に「これはおかしい」(←高校生ですから単純です)
浜松にでも停車していれば、ホームからドッサリと出来たての「うなぎべんとう」が積込まれていて「なるほど」(←それでも矛盾はあるっちゅーの!)
とか納得したかもしれません。いえ、高校生ですから、、いや、今のじゃなく、コンビニとか無かった時代の高校生ですから。
その疑問が湧いて以来、新幹線の車内では「うなぎべんとう」を食べませんでしたが、「浜名湖特産」と「鰻」が気になり、ある時、東京からの帰りにわざわざ名古屋まで「こだま」(当時は「ひかり」が現在の「のぞみ」と同じで各停は「こだま」のみ)に乗り、僅かな停車時間にヒヤヒヤしながら浜松駅で“自笑亭”の「うなぎ弁当」を買ったのです。

それを過ぎ去る浜名湖を眺めながら食べた時の驚き

冷めていてもなぜこんなに鰻が柔らかいんだ? しかも味付けもいい

以来、幾度となく「浜松」に停車する新幹線に乗ると懐かしくて買ってしまいます

しかも、今も昔と変らず旨い
他の地方でも「鰻」を冠した弁当は多々あり、それは専門店で味わう物とは別の楽しみとして食して来ましたが、やはり「いつでも、誰でも買える」駅弁の中では、ダントツにお薦めです。

中身は昔から至ってシンプル(鰻料理はシンプルなのが旨いのです。それだけ鰻を活かす工夫に知恵を絞っている証拠)
クリックすると元のサイズで表示します

冷めていても箸で身がほぐせる鰻。
甘過ぎず、辛過ぎず、そして香ばしさに溢れたタレのかかったご飯。
補完的な「タレ」と「山椒」
それに「わさび漬け」
これだけ。

●ーパーや●ンビニ弁当で見掛ける「いかにも」とか「どうよ〜」みたいな押し付けがましさの無いシンプルさ。昔ながらの技を昔ながらのやり方でやっているのでしょう。
もちろん●ーパーや●ンビニ弁当の鰻のあの嫌な「臭さ」なんて微塵もない。

近くの百貨店に某有名鰻専門店が出店しているんだけど、自笑亭の駅弁の足元にも及ばない。たかが駅弁と侮る事なかれ。冷めて美味しいというのは、実は食の基本なのです(いつの頃からか味覚の表現にアツアツ、というのが混ぜられてますよ。それは刺激の表現で味覚とは別でごわす。熱い物は五感で味わう事など出来ないので無意味。注意、注意)

それがギュッと詰った自笑亭の「うなぎ弁当」

ほらほら、食べたくなったでしょう

デパートの駅弁大会などには「味が守れない」となかなかブースに出店しないところが、僕は好きだな。

ありました自笑亭ホームページ 浜松方面へお出掛けの際は是非賞味あれ

おしまい



2006/4/27  2:50

投稿者:あかまつとしひろ

>YELLさん
お!、なかなか「通」ですね、YELLさん。鰻巻きは鰻料
理の腕がわかるもの。鰻専門店でも「内緒」のメニュー
のところが多いです。僕はシンプルに鰻を玉子で包んだ
ものが好きです。出来たてで温かいフワフワの玉子と丁
寧に処理された鰻でなければ「臭み」で台無しになって
しまう。それは恐ろしいメニューなんだそうです。もち
ろん僕は某店の「裏メニュー」として毎回お願いして
作ってもらってます。それと「うざく」もシンプルなが
ら鰻料理として欠かせませんね。
あ〜食べたくなってきた

2006/4/26  7:37

投稿者:YELL

鰻料理は確かにシンプルが一番なんですが、ちょっと
手を加えた「うまき」も美味しいですよ。
鰻が真ん中の海苔巻き 卵焼きが真ん中で鰻で巻いた
ものなど、種類はいろいろあります。
いずれにせよ鰻と海苔と玉子の相性は最高ですから
ね。
あと 「うにぎり」なんてのもあります。

昨日の雷雨は…
我が方はちょっと雨が降っただけなんで、大丈夫でし
た。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ