2007/11/27

高いのと低いのと・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

人間のおかしな価値観の中に高さと値段という尺度がありますね。
時と場合によってそれがまたひっくり返るから、ホント価値観っておかしなものです。

たとえば、飲食店などのテナント料金をみると、まず一階が一番高く、上階に行くほど安くなっています。喫茶店などは一階が一番客の入りが良く高くても上階よりは一階を選ぶのが通例だそうです。確かに道を歩いていて「ちょっとコーヒーでも」って思った時に一階と二階の喫茶店があったらよっぽど展望が良くない限り一階の喫茶店を選ぶ人が多いです。一階のテナント料が高いのは人通りをスムースに取り込むからでしょう。

それとは逆に、マンションやホテルは上階になるほど価格や賃料、料金が高くなります。防犯という意味もあるかもしれませんがプライベートを確保するとなると人通りから離れる場所ほど高いという事なんでしょう。眺望という事も含まれるかもしれません。でも眺望は自分の所よりも高い建物が建つとそこで終わりですからあまり過信しないほうがいいですね。

なんでこんな事を書くかというと、今朝東京に戻る時に使った寝台特急が満席でいつもの二階部屋ではなく一階部屋だったからです。

な〜んだ、鉄ヲタクねたかいッ!て思わないでね。これも街ネタかもしれないので。

上も下も同じ料金。
今の寝台個室は料金的には差がないのですが・・・

むかし、岡山の高校から東京へ月イチでマリンバのレッスンに通っていた頃に行きは新幹線でも帰りは時々遅くなって新幹線では帰れずに寝台列車を使っていました。その頃の寝台車は今のような個室ではなく二段〜三段ベッドが線路の枕木方向に並ぶまことに非プライベートな造り(開放式寝台と言うのだそうです)。それぞれにカーテンを閉めればプライベート空間は作れるもののカーテン一枚ですからねぇ。。
話し声に寝言、イビキは言うに及ばず、妖艶なおねぃさんが同じ列の寝台だったりすると思春期の高校生は一晩中ドキドキしたものでした(笑)

その頃の開放式寝台の料金は下段ほど高く上段ほど安いという設定で、下段はベッドに座ってなんとか着替えが出来る頭上スペース、上段になるとこれは横になったまんまで必死で着替えるしかなく、しかもベッドへの上り下りは脚立のようなハシゴですから環境の差は歴然としていました。一度だけ三段式の寝台に乗った事がありましたが、誰も真ん中の寝台は使っていませんでした。そりゃそうでしょう、よっぽど混む時期以外に上下を他人に挟まれて過ごす人はいません。

それに比べれば今日の寝台は個室で、しかも室内で立って着替えられるスペースがあるのですから居住空間は格段に進化しています。
だからという事でしょうが一階も二階も料金は同じ。グレードの差によって料金体系が設定されているんですね。

僕はB寝台の個室は殆ど二階を使います。理由は単純で駅に着いた時に部屋を覗かれない高さがあるから。寝るときに星や月が見えるというのはおまけです。
久し振りに一階の個室の納まると、同じ寝台特急でも何か違うのですね。

クリックすると元のサイズで表示します
一階の個室。いつものようにパソコンをセットして・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
二階だと上方に回りこむ窓が上方に広がる

クリックすると元のサイズで表示します
造りや設備は同じだが・・・

何か違う・・・。
そう、お気付きだと思うけど窓も室内空間も上に行くほど広がってるんですね。これは電車を見るとちょうど裾の部分が絞られている構造を見掛けるあの部分に部屋があるという事なんです。電車は室内幅を確保する為にホームの縁に車体が接触しないように裾を絞って作ってあるんですね。通勤で使われる電車は座席がロングシートなので垂直ですがクロスシートの電車は皆こうなっています。

だから天井方向の広さは二階よりも広々してるんですが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いつもキャリーバッグをベッド横のスペースに置くんですが、これがはみ出してしまうんですねぇ。ううん。。。

クリックすると元のサイズで表示します
仕方なくドアとベッドの間になんとか収納

行きも帰りも同じ荷物の容量なのにヘンですねぇ。。。

あっ

そうか!

床面積。

これが一階は狭いんだ。

二階は確かに窓が回り込んでいるから見た目の室内空間は狭いかもしれないけど、床面積では一階よりも広いって事。

クリックすると元のサイズで表示します
行きの二階部屋

クリックすると元のサイズで表示します
考えてみれば人間は床に寝たり物を置いたりするのだから頭上が狭くてもこちらのほうが良いに決まってる。立って着替えられる空間は確保されているのだし。

電車の裾を絞った分だけ一階の床面積は狭いのでありました。だから二階では置けたキャリーバッグが置けなかったんだ。

でも、一階はホームがこの位置に見えるので駅を通過するときのスピード感といいますか、迫力というものはありますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

寝巻きの裾がめくれていてもカーテンを閉めない限りホームから丸見え(笑)
そっちのスリルが優るかも。

JRさん、一階の個室は割引してちょー!

あ、でも、閉所恐怖症の人には一階がお薦めかな。

おしまい




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ