2008/1/30

空港の手前に・・・  水曜:これは好物!

美味いものがあるなら何処へでも!
ブログも昨日の松山から一気に千葉県へ。

一度口にして再び口にしたくなるほど記憶に残るモノがあれば数年に一度は必ず再訪している。

千葉県成田市。
僕は「落花生」と川魚、特に「うなぎ」。

成田市と言えば、成田山と成田空港。空港は食べ物ではないのでこの際置いておいて、成田市に魅惑の「うなぎ屋」が。

何度も出て来ますが僕がうなぎで日本一美味しいとお薦めなのは埼玉県川越市にある「小川菊(おがぎく)」。うなぎの蒲焼発祥の地で今でも市民に絶大な支持を受けている老舗中の老舗。うなぎ嫌いの人を何人も連れて行って好きにさせてしまうジャズ好きの七代目の若大将。ココは四季の変わり目には必ず顔を出す。東京から車でも電車でも行きやすく四季それぞれにタレを工夫してうなぎを最上の状態で食べさせくれる。

成田となると、なかなか川越のように頻繁に出掛けるのは無理だけど、一度その「うなぎ」を味わってしまうと何とか理由をつけて足を伸ばしたくなるのですね。

「うなぎ屋」は成田山の参道沿いにある。
和の建築様式も味のうち。

クリックすると元のサイズで表示します
川豊』(千葉県成田市仲町)

ココが凄いのは、入口の横(それも左右)に調理場、つまりはオープンキッチンになっている事。
全国に数あるうなぎ屋でこのスタイルは僕が知る限りココだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

「焼き」の部分だけ通りに面したお店は多数あるが、入口の左手が「さばき場」となっていて、初めて見た時はびっくりした。
参道を歩く人が思わず立ち止まってその仕事振りに目を奪われる。
(案外写真だとグロテスクなので“さばき”のアップはカット)

クリックすると元のサイズで表示します

右側は「焼き場」で見るからに美味しそうで香ばしい香りが辺り一面に漂う。
うなぎ好きなら「も〜、ど〜なっても、え〜けんね〜」と本能で店内に足が向いてしまう仕組みなんだな。

クリックすると元のサイズで表示します

聞くところによれば、この「川豊」、元々はうなぎの卸しが本業だったとかで、美味いうなぎをどのように見せるかを知り尽くしている。
このオープンキッチンスタイルを見れば一目瞭然でしょう。

昔は何処のうなぎ屋でも表に面したところで焼いて香ばしい香りを辺りに振り撒いてお客を誘っていた。それがいつの頃からか(近隣に与える煙害も含めて)奥に引っ込んでしまった。大判焼きでもたこ焼きでも、やっぱり作っている所が見えるパフォーマンスは魅力的。商店街からそういう店が無くなって久しい。
そんな観点からか、うなぎ屋に転身し、この見事なパフォーマンスが的中してココは客足が絶える事がない。

客が来る、うなぎを裂く、焼く、それを見た客がまた入る、うなぎを裂く、焼く、またまたそれを見た客が・・・・まさにエンドレスだ。

今回は二階の座敷に上がった。

クリックすると元のサイズで表示します

小川菊でもそうだが、うなぎ屋の二階はちょっと「わくわく」する。
一階だと焼いて運ばれる様が常に見えて大体の見当(運ばれてくる)も立つが、二階だと下で焼かれる香ばしい香りを肴にいつ運ばれて来るのかの見当が付かないから。

美味いうなぎ屋ほど、この待つ時間が楽しいものだ。

表通りに面したガラス格子なんぞを眺めながら、世間話なんぞをしながら、「その時」を待つのである。
この瞬間だけは格子越しに江戸時代へタイムスリップしたような気分になれる。
もちろん江戸時代に育ったわけじゃないから勝手な想像に過ぎないんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

ぷわ〜んっと焼きの煙りが舞い上がる度に、「あ、今焼いてる煙りが自分のかな?」な〜んて勝手に思い込んだりする。
その度に体内の消化機能が万全のダッシュ状態でスタンバイするのだけど外れたりする。
すぐさまノッチオフで落ち着きの体勢に戻すのだけど、またまた店内に動きがあるとすぐにダッシュ状態。またも外れてノッチオフ、、、何度かこれの繰り返しの後に、店内の動きがズンズンとコチラに迫ってくる。「うん、キターーーー!」

クリックすると元のサイズで表示します

いたってシンプル。
うな重、肝吸い、そしてお新香。

それだけで十分。

ココのうなぎを一言で語るとすれば、

ズバリ!「シンプル」。

タレはいたって淡白で、あの「仕事場」を見てわかる通りに焼きの煙りで燻された香ばしさをタレで邪魔しない。この香ばしさは九州の柳川のうなぎに匹敵する。

そして、うなぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

もう言うこと無し。

微塵の雑味もない、粋の良さとでも言うのでしょうか、さっきまであんなに元気だったのだから臭みもなにもあるハズがない。
至ってシンプルに、正直に味わえるうなぎだ。

熟練の技でうなぎを最上に仕上げる川越の「小川菊」。
鮮度で粋の良さを正直に焼き上げる成田の「川豊」。
関東の、いや日本の、僕の中での至高のうなぎ、それぞれのトップだ。

一度お試しあれ。

おしまい




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ