2008/2/26

くじら橋・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

くじら橋って知ってますか?

恐らく知らない人が大半だと思う(笑)
とってもローカルだし。

でもねぇ、気になるんですよ、コレが。

多摩ニュータウン方面に車で抜ける時、いつも気になっていたんです。
だってこんな形してるんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「くじら橋」

運転してると「あ〜〜〜」という間に潜って通過するんですが、
やっぱり気になってとうとう近くのパーキングに車を置いて観に来ました(笑)

場所は、
クリックすると元のサイズで表示します
東京都稲城市・稲城中央公園

鶴川街道で多摩川を渡ってそのまま多摩丘陵に上って行く途中にあります。
尾根幹線道路という多摩ニュータウンを縦走するドライブの入口と申しましょうか・・。

クリックすると元のサイズで表示します

車を公園の駐車場(無料)に置いて野球場を目指すとニョッキリとその姿を現します。

クリックすると元のサイズで表示します

下はさっき走ってきた尾根幹線道路。
片側2車線ですが、その昔は真ん中に高規格道路を通す話しもあったとかで、ゆうに8車線分の日本には珍しいアメリカ的な道路です。
これが多摩ニュータウンの丘陵地帯を縦走しているのですから、アメリカの郊外と同じ雰囲気があります。いかに多摩ニュータウン計画というのが壮大な計画だったのか。もっとも公社解体で今はどこまで開発が進むのかはわかりませんが、都心の取って付けた様な再開発よりはまだ土地も気分も余裕があったような気がします。

さて、その尾根幹線道路の上を跨ぐ「くじら橋」。
いつもは下を通過するだけでしたが、いったい上はどうなってるのでしょう?

ちょっとワクワクしながら「くじら橋」の袂に。

すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あんれま、ナントただっ広〜い橋でしょうか。
横一列でリトルリーグなら3〜40人は渡れそうです。
橋の真ん中を歩く人から想像して下さい。

さて、この橋の先には・・・
野球場があるのは案内にありましたが、他は・・・マンションがあるくらいで、一体一日に何人の人が渡るのでしょうねぇ。。

クリックすると元のサイズで表示します

最近公共施設の無駄が指摘されていますから、きっとこの橋もそういう標的になるかもしれませんが、もしもこれが無愛想なタダのコンクリート橋だったとしたら、、、
ううん、、。

どのくらいコストが跳ね上がったのかは知りませんが、建築物とアートの境目とすれば「あっても良いかも」と思わせる構造物ではあります。

調べてみると、この「くじら橋」は橋梁・構造工学上、計画・設計・施工・美観等の面において優れた特色を有すると認められた橋梁に贈られる田中賞というのを受けているそうです。

たしかに車を運転していても気になる存在ですから地域のランドマークなのでしょうね。初めて通った時に橋の手前の信号で停車していると「うん?なんだ?こんな丘陵地にくじらの腹みたいな歩道橋だなあ」と思い、信号の表札をみると「くじら橋」とあって何となくホンワカした気分になりました。

そういう気分にさせてくれる物が一つくらい街にあってもいいんじゃないか、と思うのですね。

おしまい



2008/3/17  2:30

投稿者:あかまつとしひろ

>horiccoさん、
お懐かしい!あれは2004年だったと思うのでも
う4年も経ちましたね。今年もつい先日だった
のではないですか?(徳島ジャズストリート)
おお、JR高知駅が改築しましたね。「くじら
ドーム」って言うんですか?
さっき写真を見ましたが、確かに「くじら」
かどうかは微妙な形ですが、随分立派になり
ましたね。素晴らしい。
僕の故郷のJR松山駅もつい先日高知駅に続い
て高架化が決まったそうですが、まさか出来
上ったら「みかんドーム」とか呼ばないよ
ねぇ。。って、ソレどんな形やねん!(笑)

2008/3/16  17:19

投稿者:horicco

赤松さんこんにちは。以前徳島のジャズフェスティバルでお会いしたhoriccoです。
MySpace毎日このブログのBGMにしています!
「くじら橋」があるのですね。
わたしの地元の高知では最近駅が新しくなって「くじらドーム」と呼ばれています。
でも「くじら橋」よりも何でくじら?と思われるデザインですが・・・
是非高知にも来てください!

2008/3/3  5:29

投稿者:あかまつとしひろ

おやおや、くじら橋を御存知の人、
いましたねぇ。多摩地区では有名かな?
くじらの腹のような不思議な光景ですね。

2008/2/27  15:58

投稿者:tamavib

こんにちは!
くじら橋御存知だったのですね。
わたしもよく通るので気になっていました。
(ってほぼ毎日なんですが)
あらためて見ると不思議な形ですね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ