2008/3/6

UKのジャズヒストリー・・・・Michael Gibbs  木曜:Jazz & Classic Library

イギリスのジャズシーンについて詳しいわけではないが、ゴードン・ベック(kb)、ジョン・マクラフリン(g)のマハビシュヌ・オーケストラ、もっと古くはヴィブラフォン奏者でもあったビクター・フェルドマン(kb)など、アメリカのミュージシャンとは違ったニアンスを持った人の事は知っている。

そのイギリスに60年代後半から新風を吹き込んでいたのがコンポーザー&アレンジャーのマイケル・ギブスだ。
僕は子供の頃にゲイリー・バートン(vib)のアルバムを通じてギブスの作った曲をたくさん知っていた。
そのどれもが、当時小学生〜中学生の耳にビートルズと同じ香りのするコードサウンドで親しみやすかった。

まだ、世の中にFusionという言葉の無かった時代、Jazz & RockからFusionにかけての時代の音楽が僕は一番チャレンジャー揃いで好きだ。ジャズでもロックでもスイッチ出来る凄腕揃いの新人達が次々と新しい事を生み出していた。
その頃のイギリスのサウンドを一言で表わそうとしても、「ビートルズ」という形容詞があまりにも大きくうまい言葉が見つからないが、世間的にはこれで十分通用するはず。
それほどにジャズに限らず、ロックイディオム、ビートルズの影響、はたまたファッションやデザイン、つまりはイギリスのカルチャーが時代を変えて行った。

クリックすると元のサイズで表示します
『JUST AHEAD/The Mike Gibbs Band』(Polydor/1972年)

マイク・ギブス率いるビッグバンドのライブアルバム。
ゲイリー・バートンとの共作(「In The Public Interest」74年 ポリドール、「Seven Songs for Quartet and Chamber Orchestra」74年 ECM)以外ではその頃のギブスの貴重な音源でCDになって初めて聞く事が出来た。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いづれもLPのみで聞く事が出来るバートン〜ギブスの70年代の記録

さて、このギブスのライブアルバム。
2枚組でかなり克明にギブスのビッグバンドの様子がわかって面白い。
ブラスセクションに加えてエレクトリックピアノ、ギター、ヴィブラフォン、が重要なポイントを占めるスタイルというのが特徴。

1曲めからしてキース・ジャレットの“Grow Your Own”だからゲイリー・バートンのファンなら思わず「懐かしい〜!」と思うでしょう。
インタールードの部分でエレクトリックピアノとヴィブラフォンのデュオになる辺りも聞き物。なんとピアノがジョン・テイラーだし、ヴァイブのフランク・リコッティーも健闘している。

2曲めは上記バートンとの共作「Seven Songs for Quartet and Chamber Orchestra」の最終曲に選ばれていたギブス作“Three”が来るのだから、これも思わず嬉しくなってしまう。
ギブスの作風を個人的に言うとブリテッシュサウンドとアフリカンなモードのコントラストにあると思う。コモントーンを繋いだブラスセクションの使い方などに、僕は夢中になったものだ。

3曲めはバートンとスワロウの作ったブルース“Country Roads”。もはやビックバンド・ファンよりもバートン・ファン向けのアルバムのよう(笑)。

続いて同じくバートンの「ロフティ・フェイク・アナグラム(邦題“サイケデリック・ワールド”)からカーラ・ブレイ作の“Mother Of The Dead Man”。
ギブスのオリジナル“Just A Head”“Fanfare”と続いて1枚めが終了。

2枚め冒頭のギブス作“Nowhere”は「In The Public Interest」を思い出させるサウンドで怒濤のドラムソロに突入する。何とドラムはジョン・マーシャルだ。
バークリー時代にもしもギブスがいたなら是非習いたかったなぁ。。と思わせる曲だ。

続いてカーラ・ブレイの代表作“Sing Me Softry Of The Blues”。
ブルージーにブラスセクションがテーマを奏で、アルトサックスのスタン・サルヅマンとヴィブラフォンのフランク・リコッティーがフィーチャーされる。

最終曲のギブス作“So Long Gone”。
重厚なサウンド、壮大なスケールを描くシーン、後ろではエレクトリックシタールも聞こえる。
マイク・ギブス自身トロンボーン奏者でもあるのでトロンボーン・セクションを使ったサウンドはかなり特徴がある。コモントーンの使い方に表れるギブスのサウンドはこの辺りから生み出されているような気がする。
やがてリズムがインしてクライマックスに向けてバンドは徐々にコンボ・スタイルのソロパートへと突入。
ドラムとピアノのフリーパートを経て再びリズム・インに戻る。
この一見8ビートに聞こえるリズム・インのパートが少しずつアフリカンなパルスを出したところで、このアルバムは終演となった。

シンプルなスコアリングで最大の効果を引き出すマイク・ギブス。
その魅力と70年代のイギリス・ジャズシーンの活況がサウンドの向こう側に広がっていますね。

おしまい



2008/3/8  5:22

投稿者:あかまつとしひろ

ハハハッ(笑)
takiさんのブログからすると、このところ散
財のしすぎじゃないですか? 誘ってしまった
僕が悪いのか(笑)。でもギブスのアルバムは
滅多に聞けなかったので貴重なアルバムで
す。Threeの原形も入ってます。

2008/3/6  23:00

投稿者:taki

>もはやビックバンド・ファンよりもバートン・ファン向けのアルバムのよう(笑)。

本当にそうですね、懐かしい曲ばかり。早速アマゾンで注文してしまいました。マイク・ギブスのアレンジが楽しみです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ