2008/6/24

ふと、見上げてみれば・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

いつの間にか頭上にビルが乱立していたのですね。

何処?って・・・

クリックすると元のサイズで表示します

東京駅。

確かに数年前の丸ビルの建替え辺りからこの周辺が激変している事は気付いていたんですが、改めて頭上に視線を送った事がありませんでした。

月に何度かはココから旅人になっているのに、ホームの頭上にまでビルの灯が眩い感じに迫っていたとは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

東京駅にお世話になり始めたのは、僕が高校の頃に岡山から月イチでマリンバの安倍圭子さんのレッスンに通い始めた頃ですから・・・かれこれ・・・・ひゃー、恐ろしい(笑)。とっくに四半世紀は過ぎでおつりもたくさんの1970年代半ばの事です。

もちろんその頃も十分に“都会”でしたが、ホームから空がよく見えて何となく新宿や渋谷とは違ったゆとりのある駅に感じていました。

クリックすると元のサイズで表示します

堂々たる赤レンガの丸の内口に大丸と地下街の八重洲口。
新幹線での往復が基本でしたが、レッスンが伸びたり渋谷からのバス(当時はまだ三軒茶屋方面の地下鉄は工事中)が渋滞に巻き込まれると午後7時過ぎの寝台特急「瀬戸」かお茶の水や新宿辺りのビジネスホテルに一泊して翌朝始発の新幹線、というものでした。

その後も幾度となく利用する東京駅。

構内のコンコースは民営化後に様々なショップやレストランなども出来て、殺風景な昔の面影はありませんが、それでも基本的なレイアウトは最初の頃と変わっていませんから利用する時はいつも決まったコースを通って列車に駆け込むだけ。

しかし、電車が入線するまでのちょっとした時間にホームの屋根から望めるスクエアな青空や星空が、今は林立する高層ビルに囲まれたスクエアさに変わっていたとはついさっきまで気付いていなかったのです。

空がなくなったから虚しいか、と言えばそんな事はありません。
この光景はこれはこれでまた独特のスペース感があって好きです。

さまざまな駅の夜景。

大きな駅から小さな駅まで、、

クリックすると元のサイズで表示します
JR東海・東海道線「富士駅」

クリックすると元のサイズで表示します
JR東海・東海道線「浜松駅」

クリックすると元のサイズで表示します
誰もいない深夜の名古屋駅(JR東海)

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本・山陽線「岡山駅」

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本・新宿駅

クリックすると元のサイズで表示します
伊予鉄道・松山市内線「大街道電停」

クリックすると元のサイズで表示します
JR四国・予讃線「宇多津駅」

その表情は様々・・・

殺風景に思っていて意外と普段見ないホームの頭上。
ひょっとしたら、知らない内にいつも利用するホームの上にとっても素敵な夜景が広がっているかもしれませんよ。

ウォッチング、ウォッチング・・

こちらも世界をウォッチング
赤松敏弘MySpace
チェキラ!

おしまい




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ