2008/10/29

ああ、昭和レトロな味・・・・宝塚vs加古川・・・?  水曜:これは好物!

今週は後追い更新続出中!

おかしいな、更新してねェ。
さては奴め、ホームページの引越しにかまけて勝手に休んでいるな!
と、お思いでしょうが。。。。スマソ!

なんぼほど後追いやねん!って事でもはや開き直りに近い勢いで昨日のブログ“街ぶら街ネタ”から超後追い連続更新中であります。
見逃した方はそちらからドゾ!

で、本日は“これは好物!”

前に阪急百貨店の今は無き大食堂のカレーライスの事など書いたものだから、妙に最近外出するとカレーライスとかハヤシライスとかスパゲティーミートソースとか、お子ちゃまメニューにソソラレてしまう。

いずれもかな〜り日本ナイズされた昭和的洋食もの。
じゃ、子供の頃にそんなにこれらを食べていたかと言えば、、、、

よく考えてみたら、近所の三越の旗が富士山型に盛られたチキンライスのテッペンにたなびく「お子様ランチ」が定番だった。
大食堂の子供用の椅子に鎮座して御満悦だった記憶はあるが、ハテ?

やはり高校で寮生活に入ってからのほうが圧倒的に多い。
でもまたなぜお子様メニューだったのか?

安い・早い・外れても限度がある

この三点か!(笑)

それはさておき、これらは昭和の懐かしいテイストであると同時に、実に幅広いテイストが地域によってあるから意外と深い。
要するに飽きが来ないメニューなのかもしれないね。

先月大阪に行った時に、どうしても大阪の味をかきこみたくて吹田SAで食べたハッシュドビーフ・ライス。
あれが切っ掛けで、やっぱり大阪流の洋食テイストが食べた〜い!

と、四国からの帰りに走った山陽道。
取りあえずの休憩に入った三木SAでこんなものを発見してしまった・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『阪急・宝塚ホテル特性ビーフカレー』



クリックすると元のサイズで表示します
『阪急・宝塚ホテル製カツめし』

なぬ〜!
大阪洋食テイストに飢えている身にこの誘惑は辛い・・・
ううぬ・・・

迷わず同行の家人をダシに両方ともオーダー(爆)

ま、そう怒るな、怒るな。

で、

この三木SAの上り線って宝塚食、もとい、色にリニューアルされてたんですね。
関西の企業のTBOに関してはあまり詳しくないけど、阪急・宝塚と合弁会社のような表記は一体なんだろう?
もっとも、阪急電鉄が開発したのが宝塚なのだから、わざわざ書くのもちょっと変?
あ、ホテルだ。これは。な〜んだ。

でもこの間、阪急百貨店と阪神百貨店が合併して・・・・
ううぬ。。
ホテルは第一ホテルとも合併してたのね、、
で、
正式名称は、

阪急阪神第一ホテルグループの宝塚ホテル

なんだそうな。。
阪急と阪神が合併する事自体一昔前では考えられなかったのに・・・
TBOでさっぱりわけがわからなくなった例かも。

それはさておき、まずは「阪急・宝塚ホテル特性ビーフカレー」から。

クリックすると元のサイズで表示します

あの阪急百貨店のカレーライスとは違う。
特性というからには何かあるだろうと期待してしまうよね。
しかし、これはこれで、どっか懐かしい味。
いわゆる欧風カレー系の一つと見た。

僕は子供の頃、大阪に来た時に「まぁ、いっぺん食べてみなはれや」と言われて親戚に連れられて行った阪急百貨店の大食堂のカレーライスは忘れない。
他にも旨いもんはあるだろうに、と子供心に思いつつ食べたのに、妙に新鮮だった。

続いてはコチラのカツめし。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとだけ加古川知りの身では、「あれれ〜?茹でキャベツじゃないの〜?」と、あまりの洋装に「カツめし」らしからぬ姿をマジマジと観察。

まぁ、ホテルと書いてあるんだから少しは違う方向もあるさ。

と、一口。

ありゃりゃ!

こりゃ意外と旨いよ。

このソースがデミグラ系なところがいいな。
このデミグラスソースこそが洋食の基本。
これが旨いとソースものは安心して食べれる。

昭和的洋食と和食のミックスですね。

でも、コレ、加古川の人からするとどうなんでしょ?

とんかつソース系の「カツめし」。
あれ、茹でキャベツと抜群の相性なんですね。

これはデミグラ系ソースの「カツめし」。
僕は北海道の「エスカロップ」に近いような気もするけど。。
もっともエスカロップは筍バターライスが下にあるから違うのだけどね。

もう一つ、
岡山のデミグラ丼。
これに近いような気がする。

ひょっとすると、岡山のデミグラ丼のルーツは加古川のカツめしかも知れない・・・とも思わせる感じ。
盛り付ける器の違いだけで、味はほとんど一緒。

ただ、ココのデミグラス・ソースはかなり好みだ。
阪急・宝塚ホテルの面目躍如。

大阪の洋食のデミグラス・ソースの味わいがあってとてもいい。

加古川名物を宝塚のホテルが出すとこうなります、的な「カツめし」。
でも、ホテルが御飯を「めし」と言うのもちょっと変だけど、「カツライス」としなかった所に加古川への尊敬の念があると思うのは僕だけだろうか・・・。

ともあれ、やっぱり大阪テイストの洋食は旨いゾ!

こちらは世界の旨い音楽と繋がって・・・
赤松敏弘MySpace
チェキラ

新・ホームページまもなく引越し完了!
http://www.vibstation.com/
ブックマークの変更を宜しく〜!

おしまい





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ