2009/1/20

頭上スッキリ!  火曜:街ぶら・街ネタ


暗くなってからの印象が強い場所に明るい時間帯に行くと、表情の変化にあれれ?と気付いたりして新鮮。

クリックすると元のサイズで表示します
ご存知某携帯メーカーの通信塔兼用ビル

ちょっと遠目にはNYのエンパイアー・ステートビルのような、、、、近目になると何となくハリボテのようにも見える新宿のランドマーク。
自宅からもよく見えるんですが、いつも使う首都高4号線の目線とは違って地上から建物越しに見ると、意外と“サマ”になっています。

ココは渋谷区の笹塚。京王線に乗って新宿から西に向う印象があるのに渋谷区。新宿区じゃないのが地図の印象からは意外な場所。

先週久しぶりに明るい時間帯に笹塚を訪れました。
以前はほぼ毎週ココに出かけていたのですが、最近は首都高で通り過ぎるか深夜に甲州街道で駆け抜けるか(中野通りと環七が合流する地点なので一目散に駆け抜けないと渋滞に巻き込まれる地点)。
なので街の様子は殆ど目に入っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

笹塚界隈は昔から知人も多く、ちょくちょく立ち寄る街で、特にこの甲州街道沿いの駅前は馴染みでした。
このちょっと先の初台には、出て来て間もない頃にリハーサルでお世話になっていた“騒(がや)”というライブハウスもありました。

そういえば、某九州のマリンバの悪友?もこの先の側道を曲がった所に住んでいました(笑)。
その頃はこんなエンパイアー・ステートビルもどきは笹塚の視界にはありませんでしたね。

と、歩道橋を渡りながら、街道沿いを眺めて「おや?」と。

クリックすると元のサイズで表示します

うん?な〜んか、違うなぁ・・・

あ!

クリックすると元のサイズで表示します

頭上スッキリ!

そうなんです、以前はちょっと不揃いの屋根つき歩道だった駅前商店街(笹塚大通り商店街)が綺麗サッパリとお天道様の元に。

お世辞にもアーケードといえる洒落た感じのものではなく、また、周りのビルと真ん中の頭上を走る首都高速でいつも薄暗い感じの印象があったこの界隈が、いつの間にか大変身。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根つき時代は確かに雨は凌げましたが、これが街道沿い一連のアーケードならまだしも、途切れ途切れにあるものだから結局傘をさしたり閉じたりを繰り返さなければならず、あんまり意味を成していなかったのですね。

全国の商店街には、綺麗に保たれているアーケード街と古くなって野ざらし状態になったアーケード街の両極端がありましたが、後者で最近頭上の覆いを取って再生する街が増えました。

野ざらしだけならいざしらず、不景気でシャッター街と化したり、放置自転車の駐輪場と化したものも多く、歩くのも憚れるような光景を目にする事もありましたから、こういうオープンな再生は衰退したアーケード街にとって得策なのでしょう。

驚くほどに減った駐車車両で確かに道路もスッキリ、おまけに歩道もスッキリ!

確かに街がスッキリで、いいんですが、、、
僕なんかはゴチャゴチャしている街並みも好きなのでどことなく淋しい感じも否めないかなぁ、と。

どちらがいいのか、まだ誰にもわからないところなんでしょうね。

そう思いながら足を進めるのでした。


こちらは世界のヴィブラフォン奏者のネットサーフィンもサクサク快調!
赤松敏弘MySpace

そして、

オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ