2009/1/21

就任式とミリメシ・・・  水曜:これは好物!


今までに見た就任式では一番印象が強かったかもしれない。

アレサ・フランクリンの歌やヨーヨーマらの室内楽四重奏団に続いて登場した第44代大統領のオバマ氏。
巷では黒人初という言葉が踊るけど、地球人として同じ家族と思っているのだからやや強調されすぎかもしれない。
5分遅れ(現地時間20日午後0時05分、日本時間21日午前2時05分)で始まった就任演説は、今までの「強いアメリカ」ばかりを強調する就任演説とは一味違っていた。

クール(カッコいい)、スマート(かなり賢い)、そういう言葉がピッタリの大統領。
まったくもって、国盗りに躍起で何の効果もない定額給付金をバラまくとか、不可思議な文言を条文に一文載せるだの載せないだので揉めて、ちっとも審議が進まないどこかの国となエライ違いだ。

一番争いをしている間に、今年はおろか来年度の税収もおぼつかない不況の大波が次々に押し寄せているというのに。。。

ふうーっ。

とはいえ、かつてないほどに衰弱したアメリカの奮起が新大統領の下でどれだけ効果を上げるかはまだまだ未知数。
どんなサプライズや切り替えが用意されているのかを、今にも沈没しそうな大海の小国から希望を持って見届けよう。

さて、

就任式で活躍、

と、言えば音楽隊。

そう、アーミー。

さすがに大海に浮かぶ某国(かつて不沈空母などと形容された首相もいましたね)にはアーミーはありませんが、防衛隊や音楽隊はあります。

今日はそんな某国防衛隊の食事事情など。

(いつもの事で、前振りが長いとかなりコジツケ気味に・・・)

災害や非常事態の時に、心の支えになるのは、やはり暖かい食べ物。

このブログでも過去に「ミリメシ特集」や「缶詰特集」(右下のサイドバー「ブログ検索」の“このブログ内検索”でチェキラ)をやりましたが、今回はミリメシの主食版。

某国のさる筋からいただいたものです。

まずは、コチラ!

クリックすると元のサイズで表示します
『北海豚丼弁当』

やはり何とか火をおこして・・・というのが基本のようで、ヒートパックです。
袋を開けると具は北海道のメーカー、ごはんは新潟のメーカーで個別に作られたもののコラボ。

クリックすると元のサイズで表示します

本物のミリメシなので、このご飯の量たるや市販されているパックご飯の軽〜く3倍はあります。
ガッツリ食べないと、いざという時に元気出ませんからね。

そのおかげか、ヒートするのに20分近くかかりますが、非常事態の時は大釜で一気に温めるのだそうです。
もちろん、電子レンジでチンも出来ると書いていますが、ここは律儀に鍋でコトコト・・・

前にミリメシの缶詰を取り上げた時には、缶が迷彩色に近いダークグリーンでしたが、こちらは通常色。
これじゃぁ、敵(?)から丸見えじゃないのか?という心配も過ぎるんですが、通常食を食べるところは安全を確保した場所に限る、と。

た・し・か・に!

何か飛んで来るような場所じゃ、温めている暇なんかありませんから。

なので、先の缶詰は最前線(?)、こちらは後方支援という事でしょうか。

どちらにしても、そんな事態は御免被りたいところです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、十分温めたと思ったご飯パックはまだ中まで火が通らずでしたので、やむなく“チン!”。
最初からこうすればよかったか・・・

温まったご飯に具をかけて出来上がり〜!

うっほ〜

クリックすると元のサイズで表示します

テンコ盛り!

で、普段ヒートパックご飯に不慣れなので、ここでハタ!と気がついたのですが、これ、具を一気にかける必要はないんじゃないかと・・・

だって、今にもツユが溢れそうだし。

急いでシャカシャカとご飯と具をかき混ぜて何とか大洪水を免れた。

さて、このお味は?

通常の状態で食べると、ちょっと塩気があるんですが、実際に非常事態の緊張した中で食べるとちょうどよい具合なんじゃないかと。

災害などでの非常食として支給されると、これはきっと嬉しいですね。
温かいご飯と豚丼の具。
これだけでも勇気が沸いてきそうな味。

よし!大丈夫だ、この国の非常時の食は。
某国の防衛隊でも、この豚丼は好評とか。
前に紹介したミリメシ缶詰で絶品だった「たくあん」と一緒に食べると、ん、も〜う最強のコラボ!

主食ついでに、もう一品。

こちらは野外食の定番メニューでしょー。

クリックすると元のサイズで表示します
『北の味・野菜カレー弁当』

こちらも具は北海道のメーカー、ご飯は新潟のメーカー。
袋を開けると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのご飯もビックサイズ。
まぁ、これぐらいガッツリ食べないと非常時には身体が持たないということですね。

今度は失敗しません。
人間一度の失敗は成長の元です。
さっきちゃんと学習しましたから。

クリックすると元のサイズで表示します

格言!
“ミリメシの、ルーは移すか小分けでグ〜!”

こちらもやや塩分多めの味付けで、消耗した体力が求めるのにちょうどよい味付けなのでしょう。
何も特別なものはありませんが、妙にレトルトっぽくもなく野菜も食感があってナイス!

こう食べ比べると、やっぱり軍配は『北海豚丼弁当』かな?
醤油ベースの味がご飯を際出させて一歩リード。

ともあれ、味も量も元気の出るミリメシです。
明日も頑張ろう〜!


こちらは世界のヴィブラフォン奏者の旅〜!
赤松敏弘MySpace

そして、

オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ