2009/1/27

名称の謎・・・街編  火曜:街ぶら・街ネタ


えーーー、みなさまにお尋ねします。

このパンの名称は何でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

うん?な〜んだ、そりゃメロンパンじゃないか。簡単だよ、って?

そうお答えになる人、世の中そんなに単純じゃありませんよ。

うん、それはサンライズでしょうー、君は西日本の出身だからね、って?

たしかにそれもありますが・・・

あらあら、それはコッペパンじゃないですかー? ほう〜。ちょっと情報に詳しいですね。


このパンの仕様は、表面は甘いクッキー地、土台は普通のパン。そして一様に円形である事。
但し、クッキー地に網の目の模様が入っているものと入ってないものが地域によってある以外はみな同じ仕様、同じテイスト。
それなのに呼び方が三つもある!

僕が小さい頃は母親なんかがこれを「コッペパン」と呼んでいた記憶がある。
小学校の給食に出て来る献立を見た時にパンの日は「コッペパン」と書かれてあって母親に質問したことがある。

「あの給食で出て来るパン、あれはナ〜ニ?」
「あれは給食パンでしょ?」
「あれコッペパンって書いてあるよ」
「へぇ〜?」

直後に母親の買い物に着いて行った時、近所の商店街のベーカリーで確認したら・・・・・

「へぇ〜、サンライズだって」
「ほんとだ!」

それから僕はあのコッペパンはサンライズだと思っていた。

ところが・・・・

スーパーなんかで袋入りで売られているメーカー品のパンにサンライズを発見した時、その名称を見てまたビックリ。
「ゲゲッ、メロンパンだって〜?」。

こうなると子供の頭の中は混乱する。

クリックすると元のサイズで表示します
健在!コッペパン(松山市大街道「ろばのパン」)

なぜ「ゲゲッ」と思ったかと言えば、その当時「メロンパン」というのはアーモンド型ともラグビーボール型とも言える形状で横筋が付き(ちょうどライス型のような感じ)、表面はサンライズと同じクッキー地(但し、サンライズがクリスピー系なのに対してメロンパンはしっとり系)、土台のパンの中にはなぜか“白あん”が入っていて、僕の意識の中でメロンパンはアンパン系の種族と位置付けられていたからだ。

ううん。。。

その内、中学校の給食になるとパンの日の献立には「給食パン」と書かれるようになった。
僕と同じように「コッペパン」が「コッペパン」じゃない、というクレームでも出て来たのだろうか。
実際に街を歩けば矛盾は一目瞭然。
こうなると母親が言っていた「コッペパン」の正当性が「サンライズ」を上回ってくる。
まして「メロンパン」などは論外。

高校で岡山に移動すると、今度は「サンライズ」が優勢。
「コッペパン」は給食のパンという認識が多勢。

まぁ、菓子パン系はこの頃に卒業してしまったので、東京に出て来るまではあまり気にもしなかったから記憶のブランク。
要するに「サンライズ」でも「コッペパン」でもどちらでもよかったって事。

で、

東京に来ると、今度は「え?サンライズってなに?」と。
スーパーで見てみると、一面「メロンパン」勢。
なんじゃ、こりゃ?

で、調べてみると、これが面白い。

東京では「メロンパン」という呼び名しか存在していない。
「サンライズ」は関西を中心とした文化圏に浸透している。
「コッペパン」は広島県と愛媛県に浸透した名称だと。

だからどれも正解って事。

クリックすると元のサイズで表示します
今でもコッペの名称で・・・・「ろばのパン」

ところが、この話しを同世代のミュージシャンとすると「コッペパン」よりも敏感に反応するキーワードがある。

「ろばのパン」

東京生まれのミュージシャンは知っている。
松山生まれの僕も知っている。

実家の前がこの販売コースだったので物心ついた頃から御馴染みだった。
もっとも、最初は本物の“ろば”がパンのショーケースを牽引して

・・・パッカパッカパッカパッカ、ロバのおじさんナントカカントカ・・

というテーマソングを流しながらやって来るという、現在では考えられない移動販売だった。
知ってる人なら誰でも口ずさめるこのテーマソングはほぼ全国共通のようだけど、微妙に歌詞は異なっていたようだ。

それがいわゆるロバの“ふんがい”にクレームが付き、こんどは移動販売車で回ってくるスタイルに変わった。
しかし道路交通事情が悪化すると街中からは姿を消してしまった。
(その後は郊外で移動販売を続けていたらしい)

どの街にもあった、今で言うフランチャイズなんだろうと思っていたら、全然知らない地域もある。

東京勢が「へぇ〜、ロバのパンが四国にもあったんだぁ〜」と感心している横で、「なんの事よ?」って。

いつの間にか「コッペパン」の話しが「ロバのパン」にすり替わってしまうのでした。

あなたは「メロンパン」派?
「サンライズ」派?
それとも「コッペパン」派?

単純な食べ物なのに、街によって呼び名が違うなんて、面白いですね。

「メロン・サンライズ・コッペ」の面白い記事がニッケイにありました。
食べ物・新日本奇行


こちらも呼び名は昨日の通り・・・
“ヴィブラフォン”という名の世界中のヴァイブラフォン奏者にダイレクト・リンク!
赤松敏弘MySpace

そして、

オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ