2009/3/30

ヒヤッと・・・  月曜:ちょっと舞台裏


全国的に高速道路の料金が値下げされて初めての週末でしたが、みなさんの周りはいかがでしたか?

こちらは普段混まないところが混んでエライ迷惑。危うくライブに遅刻しそうになりました。
まぁ、普段の日曜日と比べると2割増し程度の交通量といった感じですが、夕方の交通情報によれば、東京近郊区間との境目を頭とする16〜7キロの渋滞がほぼ全方向の上り方面で起こっていました。

用もないのにフラフラと出掛けるべからず、「行きは良くても帰りは怖い」という事でしょう。

経済効果を考えたら、平日の高速を値下げして物資輸送のトラックなどを支援したほうが物価が安くなり遥かに大きい経済効果を発揮すると思うんですが、いかがなものか。

休日は今まででも(十分)渋滞していたのだから、混雑を嫌う人は車に乗らなくなるんじゃないか?
だからあまり経済効果に結び付くようなものはこの期間限定・週末限定の措置では見当たらないような気がしますねぇ。

と、普段の日曜日に混まないところが混んで迷惑している一人ですが、ともあれ時間ギリギリに到着。

そして、心臓破りの階段を駆け上がり、ヴィブラフォンをセットしていたら・・・・


「おや?」

・・・

「あ!」


・・・

切れた!


って何が?


コレ
クリックすると元のサイズで表示します

鍵盤を繋ぐバー・サスペンション・コード。

一度載せた鍵盤を下ろし、急遽切れた箇所を応急措置的に結ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

この前切れたのはいつだったか?
と、ブログでチェックしてみたら・・・

ありました、ありました。
2007年12月7日のブログに記述が。

という事は、張替えてから約1年と3ヶ月。
その間、ほぼ毎日使っていますから耐久力はこんなものでしょう。

なんせ、ノイズの問題から、楽器メーカー純正のバー・サスペンション・コードではなく、市販品で代用しているんです。

バー・サスペンション・コードに関してあるメーカーが言った信じられない言葉・・・

「わが社では、丈夫で切れにくいが多少ノイズの出るバー・サスペンション・コードと、ノイズは絶対に出ないが柔らかくて切れやすいバー・サスペンション・コードを御用意しております・・・・・」

う〜ん。。。。
どちらも欠陥品って事じゃないか!
頼りにならん。

という事情から、市販品を試しているんですね。

耐久年数を約1年と考えれば、代用品としてのコスト・パフォーマンスは十分なものである、という答えが見えつつあります。

取り合えず、本番直前に切れたので涼しい顔でサクサクっと応急措置を済ませました。

本日は、市川秀男さんのライブ。

クリックすると元のサイズで表示します

日曜夜のライブは最近めっきりと減りましたが、横浜では健在。本日の「エアジン」と先週出演した「KAMOME」は目と鼻の先。2店とも日曜夜のライブ中。

クリックすると元のサイズで表示します
リーダー、市川秀男(p)

クリックすると元のサイズで表示します
上野哲郎(b)

クリックすると元のサイズで表示します
二本柳守(ds)

出番までしばしコーヒーを飲みながら市川トリオの演奏を観覧。
これが至高の時なんですねえ、ハイ。

クリックすると元のサイズで表示します

本日のメニューは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

控室のテーブルには市川さんの走り書きしたメモがある。
このバンドはリハーサル無しなので休憩しながらも、時々譜面と睨めっこの予習。

「・・・ハテ? 
キミは一体どんな曲だったか?」(笑)
な〜んてね。

本日はトリオ先行で、その後僕が加わってカルテットで一部終了。
休憩後の二部は市川さんと僕のデュオで始まり、僕と入れ替わりでトリオ、最後は僕が加わってカルテットという構成。
一つのメンバーで様々な編成があるから面白いし客観的に音楽を聴ける。

さて、応急措置のバー・サスペンション・コードも、無事に最後まで持ち堪えました〜。エライ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、こういうアクシデントがあるから、バー・サスペンション・コードの端っこは長めに!

クリックすると元のサイズで表示します

切れた基音側(向って右)と切れてない派生音側(同左)では応急措置後はこんな感じで長さが違う。
ステージでは多少見場が悪いですが、これもいざという時の備えなので御勘弁を。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は何色のバー・サスペンション・コードにしましょうか?
などと、次の張替えを楽しみにしている気配も・・(笑)

本日御来場のお客様から、以前記念写真を撮った時のカットを戴きました。

クリックすると元のサイズで表示します
服装からすると去年の9月頃かな? ありがとうございます!

決してアクシデントで慌てることなかれ。
新しい色は何色? ってそればっか考えて、すこぶる体調も復活しておりまっす!

世界のヴィブラフォン奏者と直結!
赤松敏弘MySpace

そして、

オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ