o m n i v e r s e

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:rog
>如何に倍音成分を奇麗に再現するかが、心地よさの秘訣だと思っています。
 本当にその通りだと思います。現代の録音は歪みを取ろうと躍起になるあまり、楽器再生に必要な倍音まで削ってしまった録音がたくさん存在するような気がします。再生機側もしかりです。
投稿者:voidphrenia
チャンデバですね
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投稿者:voidphrenia
今回チェンデバを通したためXLRケーブルが必要で、比較的安価なザオラを選んでみました。(銀線でも50cmで5千円弱)
近々エレキット単独駆動でアコースティック楽器へチェレンジしてみます。
如何に倍音成分を奇麗に再現するかが、心地よさの秘訣だと思っています。
投稿者:rog 
ザオラですか。銀材だなんて高級ですね。覚えておきます。
 以前、サブウーハーを石アンプで鳴らしたのですが、真空管メインアンプの方の音がザラついてしまって、真空管独特の滑らかさが半減してしまいました。で、エレキット単独駆動を試していただきたかったわけです。失礼しました。
 JBLやアルテックの高能率スピーカーは、真空管アンプで鳴らさないと本領を発揮しないと、未だに信じております。高能率スピーカーは、真空管アンプが付加する楽器の倍音(主に偶数次高調波歪)を細かく映し出すような気がします。
投稿者:voidphrenia
まだいちどもエレキットのみで接続したことはないんです。
是非やってみようと思います。
それでも、真空管アンプの導入は劇的な変化で、ラインケーブルをザオラの銀線ケーブルで統一してからは、さらに音自体がリアリティーを増して、ほとんと不満が無いほどです。

投稿者:rog エレキットだけでJBL全体を駆動させてみてください。
お久しぶりです。ついに直熱三極真空管を手に入れましたね。
 チャンデバで分けて、ツイーター、スコーカーを球。ウーハーは石アンプで鳴らしておられるようですね。その方が大きい音量が得られるし、低域も伸びると思います。(恐らくダンピングファクターの差は100以上!?)キーボードやシンセなど電子楽器を聴くにはそのままがいいと思います。ただ、ぜひピアノやギター(歪ませていないエレキも含む)バイオリン等々、アコースティック楽器はエレキットだけを繋いでお聴きいただきたいです。(ちょっと音量を上げると、ウーハーがぼよんぼよん鳴り出しますけど...その辺は我慢して)
それこそ、真空管の本領発揮です。楽器の音が本物そっくりに繋がりはじめます。真空管アンプが絹の肌触りだとすると、ほとんどのトランジスタアンプはサンドペーパーのような気がする。
投稿者:山止たつひこ
もーアヴァンギャルド買え!!!!!!!!!!!!!!!
そして、あのうーはーの中に住めばいいじゃん!
おうちにしてまえ!なんて・・・な・・・

何にでもゆえるけれど、密度の問題ダヨネ〜
高密度すぎても違和感あるし(しかだやすぃっち)
でも。
リリースする機材によりけりダヨネ〜
アヴァンギャル夫が忘れられない・・・
あんな素敵なバランス。!。!。!

馬祭壇下のデカぶつはやっぱもっとおっきなうツわが必要でしょう???
是非是非高密度な床の上で、
ゆとりの在る環境で聞きたいものです。。。

夏にまた聴かせてね。。。。。。。。。。。!
投稿者:voidphrenia
データDLしましたよ。てか同じタイミングでSWITCH探索まくりだったので(全曲網羅の勢いでw)内容見て吃驚したよ。
あとシミやんとか。。。
SWITCH来日!!!ガキガキボキボキ関節の音が聞こえそうですが、是非レポートしてください。

真空管魔境に遂に迷い込んでしまいまひた。
価格は6mann5sennennでした。
既に廃盤機種なので、結構価値で照美たい。


http://www.elekit.co.jp/catalog/TU-873LE.html
投稿者:山止たつひこ
うおー!
おもしろそー!
ききてー!
やっぱ真空管よね〜。もう抜け出せんで!おたく!
オーディオインターフェイスは超重要!!!!!
だよね。

ぬ〜しんくうかんか〜
ピンきりだろうけれど、大体ドレくらいの価格デショウカ??????

ところで、switchが6/1@WOMBですよ!!!!
しかし、音が・・・ちなオーディオですが・・・
おとが気に入りません・・・・・・・・・・・・
いかないかも〜〜〜〜〜〜〜〜〜
な感じです。。。。

データゲトしたか????

Calender

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Archives

About

v o i d p h r e n i a

アカデミズムからは完全に異端というか相手にされない予定。臨床と自身の感覚を通過した世界から新たな智慧の出現を目指す
!!!!!!!!!!!!!すべて予定!!!!!!!!!!!!!。
☆☆☆☆☆サイケデリック精神医学者。精神分析と神秘学,サブカルチャーをmixing。すべての診療的バックボーンはタブー&イリーガル/内&外宇宙/生&死/光&闇/天国&地獄方面に抵触中。変性意識状態で精神病世界へダイビング→→→→→精神の奥底から外宇宙に到達し、死の果てに永遠の生を幻視する。音楽はサイケデリック・ロックからハードコア・ブラックメタルからNW・インダストリアル・ジャンク・テクノ・ハウス・イタロからディスコ・サイケデリックトランス・ニカ・プログッレッシヴtoエレクトロ、いずれもリアルタイム重神合体更新中。いままで旅した国はインド、ネパール、タイ、メキシコ、アメリカ、ギリシャ、伊太利亜、スペイン(ibiza)etc。聖地巡りとレイヴの旅。秘儀参入を求めて西へ東へ.某精神病院にて日夜音楽とサイケデリック体験、神秘主義の象徴解釈、精神分析の現実感を武器に、虚無の果てをこの世のリアルな色彩感に変容させることを目標に奮闘中。 CICADA NEWCD 'Curious' P-vine に2曲参加。好評発売中につき御購入夜露CQ ☆☆☆☆☆
→→→→→→mixi←←←←←←
→→→→→Twitter←←←←←←
→→→→→Tumblr←←←←←←
→→→→→myspace←←←←←
→→人気ブログランキング←←
→→→→English Here←←←←



Counter

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

Store




ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ