o m n i v e r s e

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:voidphrenia
>エスノドラマ

>インドは芸術の面においてもかつては、
>アソカ王の時代の宗教と同様、あきらかに全東洋を指導し
本当に。

しかしあのインド旅行の動機に岡倉天心が関係あったって初めて知ったよ。

想いのこもった感想をありがとう。

>C.S.

多義的重層的に読み解ける素晴らしい解説書ですね。
日本文化の霊的な深みを常に連想させられます。


この本には皆さん並々ならぬ思い入れがあるようで、シェアできて嬉しいです。
投稿者:voidphrenia
>千尋 

シンプルで力強く美しい書物ですね。
最近冴えてるね。いい感じじゃない?


>伊勢―白山道様

はじめまして。
blog拝見しました。凄いですね。
今後ともよろしくお願いします。


投稿者:C.S.
実は、愛読書のひとつでした。

新訳、いい感じですね。「こいつも買っとくか」と思った次第。
「イニシエーションとは何か」「参入とはどういうことか」についての、最も分かりやすい解説書でもあります。
投稿者:エスノドラマ
私のインド放浪の目的は二つあった。
一つは言うまでもなく、当時、
音楽におけるコンピューターナードの最前線であった
ゴアフリークの中で、DJとして自分の内面を見つめる行為を助長し、
精神世界に安全に導くことである。日夜Recordingは繰り返され、
時には12時間ブッ続けでdjをした。知らぬ間に3ヶ月が経ち
次の目的地ヒマラヤのマニカランを目指したが、
どうしても立ち寄りたい場所が幾つかあった。

それは岡倉天心の歩いた足跡を訪ねることであった。
飛行機も車もない時代に天心はインド内陸部のエローラ.
アジャンタ石窟群を訪れていた。

東洋文化を知り尽くしていた最初の旅行者である。
天心は後に述べている

「インドは芸術の面においてもかつては、
アソカ王の時代の宗教と同様、あきらかに全東洋を指導し、
この地の大学や石窟寺院を訪れた無数の中国人巡礼に
インドの思想と趣味を感銘させ、そして中国を通して日本の、
彫刻、絵画、建築の発達に影響を及ぼしたことがあったと
教えられるのは、非常に心強いのであります。」

それはそれは過酷な旅だったに違いない。
私の場合はBusで18時間、そこから鉄道を使って8時間、
さらにリキシャーで2時間程走ったところにある。
気温50度の中、「あーコーラ飲みてー」とか云いながら
行けたわけで、しかし伊座、着いてみるとその巨大な石窟群
はジャイナ教、ヒンドゥー教、仏教、の合体石窟群で、争いもなく
そこで瞑想や修行が行われたていたのだろうと思わされた。
詳しくは書かないが、私の心を鎮め、今はもう誰もいない
その寺院で泣き、満天の星空のもと天心を想い一夜を明かした。

茶の本ーThe Book of Tea この本をいつも持ち歩き、
何冊..人に手渡したかもう定かではないが...
思いで深き名著だと今でも思う。

私の手元には日焼けしてボロボロになった立木智子訳
が残っているだけだ....

想い出させてくれてありがとうVoi

投稿者:天照太御神
世界は日本から変わり始めてます
伊勢―白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/
投稿者:千尋
茶の本、以前わたしも読みました。
天心が切に伝えようとした美しい書物ですよね。
利休の言葉も美しいです。
「本のお茶」という、ビジュアルブックも持ってます.
こちらもおすすめですよ.*

『 茶の本 』はこころの片隅においやられていた
日本の美意識や神秘性について再考する機会を与えてくれる気がする。
それも、日本に生まれて、日本人でよかったと実感させてくれるような。

日本という風土の中で育った
日本人にしか醸し出せないものがあるわけで
様々な文化・習慣を楽しめるようになった今だからこそ
今一度自身のルーツや伝統芸能に目をむけてみたくなります。

Calender

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

About

v o i d p h r e n i a

アカデミズムからは完全に異端というか相手にされない予定。臨床と自身の感覚を通過した世界から新たな智慧の出現を目指す
!!!!!!!!!!!!!すべて予定!!!!!!!!!!!!!。
☆☆☆☆☆サイケデリック精神医学者。精神分析と神秘学,サブカルチャーをmixing。すべての診療的バックボーンはタブー&イリーガル/内&外宇宙/生&死/光&闇/天国&地獄方面に抵触中。変性意識状態で精神病世界へダイビング→→→→→精神の奥底から外宇宙に到達し、死の果てに永遠の生を幻視する。音楽はサイケデリック・ロックからハードコア・ブラックメタルからNW・インダストリアル・ジャンク・テクノ・ハウス・イタロからディスコ・サイケデリックトランス・ニカ・プログッレッシヴtoエレクトロ、いずれもリアルタイム重神合体更新中。いままで旅した国はインド、ネパール、タイ、メキシコ、アメリカ、ギリシャ、伊太利亜、スペイン(ibiza)etc。聖地巡りとレイヴの旅。秘儀参入を求めて西へ東へ.某精神病院にて日夜音楽とサイケデリック体験、神秘主義の象徴解釈、精神分析の現実感を武器に、虚無の果てをこの世のリアルな色彩感に変容させることを目標に奮闘中。 CICADA NEWCD 'Curious' P-vine に2曲参加。好評発売中につき御購入夜露CQ ☆☆☆☆☆
→→→→→→mixi←←←←←←
→→→→→Twitter←←←←←←
→→→→→Tumblr←←←←←←
→→→→→myspace←←←←←
→→人気ブログランキング←←
→→→→English Here←←←←



Counter

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

Store




ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ