o m n i v e r s e

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:みんこ
voidphreniaさん。おはようたんたんめ〜〜ん♪

詳しいご説明ありがとうございました。とても為になりました。

私は、フロイトは「科学者」として、複雑な心の事を「図式」??(基本的信頼感→口唇期→肛門期・・・etcとか??、自我??とエゴの関係図??)に明確にしたのは、すごい人だと思ってます。が治療者として????と思ってます。
「コイン」になった、なんたらさん??(女の人)の治療、フロイト自身が「転移、逆転移」??に巻き込まれて逃げて??しまいましたですよね??

ユングは自分が神経症で苦しんだ結果、いきついたのは、お釈迦さまの考え??で人は、宇宙に生かされてる、ちっぽけな存在でしかない。と悟った??んはないかと私は思いました。

でも、voidphreniaさんのようないろんな考えや柔軟な考えをお持ちになる先生に診てもらえる患者さんって、すごい幸せ者だと思います^^。

この度のクリニックの開業は、ぜった〜〜い大成功する事間違いなし!!このアテクシが保証しますです。

開業の準備で何かとお忙しいですが、残暑もきびしい事ですのでお体、ご自愛なさってくださいね^^。

でわでわ。
投稿者:voidphrenia
>>みんこさん

フロイトのカウチの部屋が意外と象徴的なもので満ちあふれていたのが意外で。フロイト派の臨床では中立性を非常に重要視するので、現代のフロイト派の臨床技術の本などを読むと、診察室はできるだけシンプルで患者さんの連想を邪魔しない方がいい、なんて書いてある。でも実際のフロイトの部屋はこういった不思議なもので満ちあふれていたんですね。

>自我の弱い日本人には????っていう感じがするんです・・・。何か、外科手術みたいに思うのは私の気のせいなのでしょうか?
とっても詳しいですね。その通りでフロイト流の直面化、明確化などトラウマを直接操作するアプローチは日本では特に外科的だと批判されることが多いですし、それは西洋的な近代的な自我のあり方と、日本的な自我のあり方の違いと指摘されます。私もおおむね同じ印象を持っています。ユングはその逆で、全体から部分をみるというアプローチですね。日本人には非常に受け入れやすい。

結局はどちらか片方ではなくて療法のアプローチが必要だということだと思うんです。ですからどちらかに凝り固まらずに、自由に相手に合わせて使い分けられること、それがお互いの治療関係の中で理解につながってゆけばいいと。

あと最後の質問、急性期には寝椅子を使ったような自由連装法はまず行いませんね。精神病の人には特にね。でも理解には使います。急性期の患者さんは自由連想の宝庫みたいな状態ですから。理解のためには使うけれども、治療はできるだけ支持的にっていうのが基本ですね。

投稿者:みんこ
voidphreniaさん。こんばんわんこそば♪

おおおぉ〜。フロイト大センセせはありませ〜〜んか?
「カウチ」もある〜〜。すごい!!

現在も古典的な「精神分析」って臨床でおこなっているんですか??知りたい!!

自我の弱い日本人には????っていう感じがするんです・・・。
何か、外科手術みたいに思うのは私の気のせいなのでしょうか?
急性期に精神分析っておこなっていいんですかね??

私はどっちかっとユングセンセのあの「まんだら」??つう宇宙観??がすきです^^。

でも、どっちのセンセもおちゃめ??変人??らしかっのがいい感じで〜〜す^^。

ユングセンセも神経症でしたっけ??

でわでわ、失礼いたしました^^。

http://sun.ap.teacup.com/minko/

Calender

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Archives

About

v o i d p h r e n i a

アカデミズムからは完全に異端というか相手にされない予定。臨床と自身の感覚を通過した世界から新たな智慧の出現を目指す
!!!!!!!!!!!!!すべて予定!!!!!!!!!!!!!。
☆☆☆☆☆サイケデリック精神医学者。精神分析と神秘学,サブカルチャーをmixing。すべての診療的バックボーンはタブー&イリーガル/内&外宇宙/生&死/光&闇/天国&地獄方面に抵触中。変性意識状態で精神病世界へダイビング→→→→→精神の奥底から外宇宙に到達し、死の果てに永遠の生を幻視する。音楽はサイケデリック・ロックからハードコア・ブラックメタルからNW・インダストリアル・ジャンク・テクノ・ハウス・イタロからディスコ・サイケデリックトランス・ニカ・プログッレッシヴtoエレクトロ、いずれもリアルタイム重神合体更新中。いままで旅した国はインド、ネパール、タイ、メキシコ、アメリカ、ギリシャ、伊太利亜、スペイン(ibiza)etc。聖地巡りとレイヴの旅。秘儀参入を求めて西へ東へ.某精神病院にて日夜音楽とサイケデリック体験、神秘主義の象徴解釈、精神分析の現実感を武器に、虚無の果てをこの世のリアルな色彩感に変容させることを目標に奮闘中。 CICADA NEWCD 'Curious' P-vine に2曲参加。好評発売中につき御購入夜露CQ ☆☆☆☆☆
→→→→→→mixi←←←←←←
→→→→→Twitter←←←←←←
→→→→→Tumblr←←←←←←
→→→→→myspace←←←←←
→→人気ブログランキング←←
→→→→English Here←←←←



Counter

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

Store




ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ