2007/7/24

人の手  銀次郎


今日はちょっと長い文章になるかもしれませんー(><)
里親さん探し中の銀次郎にとっては不利な内容となってしまいますが、
隠せるものでもなく、隠していいことではないので、考えた末、書くことにしました。




どうにもこうにもメンタル面で脆い部分があって、
家の外で風が吹いて木の葉が揺れてもトイレが出来なくなるというもそうですが、
例えば同居人がハウスの中をサッと覗いただけでも、
極度の緊張状態になり、唸り、翌日にはまぶたが真っ赤に腫れてしまいます。

心穏やかに普通に暮らすことが銀ちゃんにはすでに普通ではなく特別なことです。


お散歩が出来るようになるとか、
他の部屋へ行けるようになるとか、
まだそこまでのことを期待するのは早すぎる。
でも、せめてこの部屋でだけでもくつろいで過ごしてほしい。

その為には薬物投与も必要であろうことは以前から指摘されていました。
ただこの薬の投与にはそれ自体に改善の効果が認められるわけではないので、
専門のカウンセラーもしくは行動学に精通している先生についてもらい、
投与しながらのトレーニングが不可欠なのです。

先に進むべく、共に歩んでくれるカウンセラー・行動学の先生を見つけるべく、
何軒も問い合わせしましたが、今のところ「対応しかねる」のお返事ばかりです。

先日ダメもとでN先生(権威ある方)に問い合わせた所、
銀次郎のことを考えても今は「NO」とのお返事
それでもわざわざお電話をいただいて色々お話をさせていただきました。

銀ちゃんの経緯や今の状態、
そしてパニックを起したときの様子を事細かにお伝えすると。。
N先生の回答は衝撃的でした。

これまで色々な子の色々なケースのパニックを見てきましたが、
そのどれとも違うパニックの様子に、いつも思っていたことでもあり、
これまでで1番納得できるものでもありました。

銀ちゃんのパニックの様相は「癲癇発作」と同類系ということ。
脳疾患・神経疾患の可能性も考えられるということ。

ただ銀ちゃんはそれを判断するための検査が受けられません。
興奮や緊張から麻酔が効かないのです。

この部分については酷いパニックを起さないよう注意するほか、
今はしてあげられることがなさそうです。




深くうなづいてしまったお話が、
「ほぼ野生の犬が人と生きる」という難しさのことです。

これまでに虐待を受けてきた子をお預かりすることもありました。
みんな怯えた表情であったり不安げであったり環境に慣れにくかったりするのですが、
1度信頼を寄せてしまえばそれは変わることなく続いていきます。

その手がわんこを叩いていたとしても、
「人の手が(に)触れる」という経験をしています。

「手は叩くもの」が「手は撫でてくれるもの」に変わるのは、
とても難しく時間がかかるものだし虐待は何があっても許されることじゃない。

それでも生れ落ちて社会化期を終えるまでに、
「触れられる」という経験をしている犬は人と歩むことが出来るそうです。



発見時すでに野良になっていた銀ちゃんの母犬は、
おそらく飼われていて捨てられてしまった子。
母犬は人馴れしています。

銀ちゃんはすでに野良となった母犬から生れ落ちて、
保護するまでの1年ほど、人の手が触れることはありませんでした。

人の手が触ったことがあるかないか。

たったそれだけの違いが、
人と共生していくうえでこんなに大きな意味を持つものとは思いませんでした。


銀ちゃんはたぶんこれからどんな進歩をしてくれたとしても、
「野生であった本能」が本質から消えることはないと思います。

絶対あきらめないけど、受け入れることも大切。

半分野生でもいい。
それでも残りの半分で、
普通の犬の、普通の家庭犬の幸せを感じてほしいと思っています。




にほんブログ村 犬ブログへ
3



2007/7/28  7:21

投稿者:リンママ

我が家のリンの場合ですが 初めてリンを迎に行った時保護活動をされていた方が「先住犬の居る家に貰われて良かった。」と云われたのです。何故かと云いますと人間不信犬は人間には馴れませんが犬同士であれば直ぐになれるのでそこからリンが人間に馴れる足がかりになるのだと聞きました。
銀ちゃんも人間に良く懐いている犬と一緒に飼育されてみてはいかがですか、先輩犬に見習い少しづつですが人間の方に近付いてくれますよ。特に群れ社会で暮らしていた犬は仲間と一緒にいると落ち着く様なのでパニックを起すのが治まるのではないでしょうか。

http://rinnmama.cocolog-nifty.com/

2007/7/26  23:44

投稿者:杏

★とろねいさん

銀ちゃんと積み重ねていく時間を大切にしたいと思います(*^_^*)
銀ちゃんの笑顔がもっと沢山増えるよう努力もしていきたいと思います(*^_^*)

銀ちゃん、本当の意味でハウスが最後の砦になってしまっていて、ここまで思いが強いとある意味依存にも似ていると思います。

やっと扉を開け放していても中で寝られるようになったので、
徐々にきちんとした使い方が出来るようになるといいいですよね。

頑張りますね(^_^)v

全然押し付けがましくなんてないですよー。
一緒に考えてくださってありがとうございます!

2007/7/26  23:37

投稿者:杏

★machaさん

ちゃんと読めますよ、ありがとうございます♪

色々なわんこがいて、色々な経緯や思いがあることを尊重したうえで付き合っていけたらいいですよね。

壁にぶつかって困っても、
本犬はもっと大変なんだろうなと思うと、
出来る限りの工夫や考えうるすべてのことをしてあげたいですよね。

頑張り過ぎないで頑張りましょう♪

いつか「あんな時もあったよね〜」って言い合いましょう♪♪

2007/7/26  23:32

投稿者:杏

★九母さん

こんにちはー。
コメントありがとうございます♪

銀ちゃんには本当に「生きててくれてありがとう」と思います(*^_^*)
保護当初にこれ以上食べない飲まないが続いたら死んでしまいますよって獣医さんに言われて、それから動かない銀次の呼吸を何度も確認して、それから1粒のフードを食べてくれた時のあの感動を今も思い出しますー。

九ちゃんには到底及ばないですけど、
九ちゃんが教えてくれた「わんこ仲良しになるには」。
今もちゃんと覚えています(*^_^*)
噛まれても噛まれても仲良くなることをあきらめなかった九ちゃんを見習って頑張りますね♪

2007/7/26  23:24

投稿者:とろねい

詳しいお返事ありがとうございました!
銀ちゃん、表情が穏やかに変わって、人に甘えることもできますから、人のそばで幸せを感じることができていて、その気持ちはもっと強く確かなものになっていくと思います!

ハウスを覗かれると。。というお話で、ちょっと思い出したことがあるのですが、ご参考になるかどうか。。。
イヌは野生状態では穴を掘って暮らしているので暗く狭いところを好むようですが、そういうところにいると返って外への恐怖を強く持つようです。それで一人で過ごせる場所を作るのは大切だが、そこは開放的にしておいた方がよいという説でした。
銀ちゃんの何かの助けになればという思いから書き込んでおりますが、押し付けがましいと思われましたら申し訳ありません。。

2007/7/26  17:01

投稿者:macha

どうかどうか、銀ちゃんが穏やかで楽しく暮らせますよう。
ワタシのワンは、我が家へ来て半年たった今でも家の中へ入る事を全力で拒否しています。
抱っこして入ってみた事もあるのですが、ハ゜=ック寸前で大騒ぎした後、バリケンの奥へ閉じこもり、飛び出そうなくらい眼を見開いて固まってしまいました。
夏をどう乗り切るか・・・。困ったもんです(^−^:)
ハ゜ソコンが不調で入力出来ないキーが・・・読みづらくてごめんなさい。

2007/7/26  15:16

投稿者:九母

何てコメントしてよいかズーッと考えていました。映画の中のヒトコマに
「ただ生きてるだけでいい!!」
うまく伝えられませんが、杏さん、銀ちゃん応援しています。本当に変わりましたもの銀ちゃんの表情☆

2007/7/26  13:04

投稿者:きょん

半分野生の生活・・・っていうのを聞いて、親戚のおじちゃんを思い出しました。
広い敷地の昔ながらのお家に一人ぼっちで住んでいました。
とっても人の良いおじちゃんは、他人に騙されたり疎まれたりしてたので、人間よりも小さな生き物達に心を寄せてたようです。
いつも開けっ放しの家には、勝手に猫が寝てたり、つばめが巣を作って雛を育てていたり。
家の中が猫の泥足で汚れようが、糞で汚れようが、ニコニコしてお構いなし^^;

数年前に不慮の事故で死んでしまいましたが、もし生きていたら銀ちゃんと共存してくれそうな気がフトしました。

おじちゃんも銀ちゃんも知らん顔しながら、同じ釜の飯を食べる姿を想像してしまいました^m^

銀ちゃん♪杏さんとこより良いとこは中々ないかもしれないけど、銀ちゃんの赤い糸はちゃんとあるから、それまでファイトーーー(^O^)/だね♪





2007/7/26  11:30

投稿者:杏

★フィンファミリーさん

応援ありがとうございます(^_^)

のんびり焦らず進みますね。

でも長くはない犬の一生のなかで、
銀ちゃんが幸せと思える時が、
1日でも1時間でも長くあることを願わずにはいられませんね(^^)

成長して変わりゆく銀ちゃんを、
ちゃんと支えていけるように頑張ります。

2007/7/26  11:21

投稿者:杏

★とろねいさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます(^^)

さまざまな悪い要因がいくつも重なってそれを正すための人間が側にいなかった時間が長かったために結果的に本人が辛い状況になってしまっているそうです。

○身体的疾患も十分考えられるがその為の検査ができない。
○気質や経緯や体験(社会化の失敗)も恐怖を助長させてる。

これが獣医、トレーナー、カウンセラー、行動学の先生方のご意見で、今分かっているすべてになります。

でも銀ちゃん自身の生活についてはよほどのことがない限り深刻な状況にはなっていません。

この環境より、より銀ちゃんに合っている環境があれば送り出してあげたいです。

これからも頑張る銀ちゃんを応援してあげてください(^_^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ