2009/4/6

朝露キラキラ  銀次郎

露がキラキラとキレイな朝です。


クリックすると元のサイズで表示します








沢山の出会いと別れの季節です。






銀ちゃんは昨日と同じ今日を送るわけですが、


クリックすると元のサイズで表示します


ひとつだけ、昨日と違う今日が始まりました。






昨日とは違うこと。



それは、







     銀ちゃんには家族がいること。
















はい。













銀くんをこのまま迎えさせて頂くことになりました





クリックすると元のサイズで表示します






私は銀ちゃんが大好きです。
銀ちゃんと家族になれたこともとても嬉しいです。

それを前提に、少し長いですが聞いてください。






銀ちゃんには過去2件ご希望がありました。
そこで銀ちゃんのありのままをお話しすると、
どちらのご家族さまからもご辞退のお申し出を頂き、
まったく問い合わせのないままに時間が過ぎていきました。


私は今でも、うち以上に幸せになれる家・ご家族がいると思っています。

良縁に恵まれなかったことは私の努力不足、力不足で、
銀ちゃんには申し訳ない結果となってしまったと思っています。


きっとこのブログを見てくださる多くの方は、
そんなことはないと言ってくださると思いますが、
『預かり』として、良い方向に導いてあげられなかったことには違いありません。


そして、預かり家庭という特殊な環境の中では、
銀ちゃんの精神的サポートも十分にはしてあげられません。

だから今でも銀ちゃんは、
次々に来る新しい預かりっこの存在に毎回目を腫らして、
その環境に早く慣れるようにと必要以上に頑張らないといけないのです。

優しすぎるがゆえ、
次々にかつぎ込まれる痛み傷ついたイヌネコの、
その気持ちを自分のことのように敏感に感じ取ってしまい、
自分のことのように痛み傷つき恐怖を共有してしまいます。


私は銀ちゃんにうちのような特殊な環境じゃなくて、
ごく普通の家庭犬として落ち着いた生活を送らせてあげたかったです。

預かりをやめて銀ちゃんを迎えるか、
預かりをやめないで、銀ちゃんの募集を続けるか。

そのどちらの答えも出せないままに、
次々に来る預かりっこたちを拒めるわけもなく、
銀ちゃんを迎えることを決めました。


銀ちゃんがこれから先も私といることで、
他の所でならしなくていい苦労をしていかないといけなくなりました。
共に生きると決めたからには、一緒に頑張りたいし乗り越えていくのだけど、
苦労させることが分かっている私は、この縁組を手放しでは喜べません。



でもこれ以上、
銀ちゃんの名字がないままに年を重ねさせることに限界を感じました。



そして、
生涯の課題ともいえるかもしれませんが、
一生うまく付き合っていかなければならない点もあります。

例えば、
トイレシートの角度がいつもと数センチ違うことや、
折りたたまれたシートのその少しのしわですらトイレが出来なくなり、
家具は勿論、縁や壁、ベッド、敷き物に関わらず、
少しの段差や少しの角、ありとあらゆる場所にあたりかまわず排泄します。

銀ちゃんには叱っても褒めても効果はありません。
人がなにかアクションを起こす行動そのものが「興奮材料」なので、
褒められているのか、叱られているのかは理解できません。


また、
鳥が飛んだのが見えた。とか、風が吹いて葉っぱが舞ったのが見えた。とか、
そんな日常のどこにでもあるような些細なことがきっかけで、
自身で制御がきかないほどパニックを起こし怪我をする頻度が高い・・かと思えば、
同じことが起きてもまったくの無反応だったりと、
トレーニングや忍耐や工夫だけではどうにもクリア出来ない問題も抱えています。



銀ちゃんと銀ちゃんを迎えてくれるご家族の本当の幸せを願えば、
これを話さずに譲渡することはあり得ません。



家族として迎えたら、365日、24時間、毎日、一生です。


そういう子と向き合おうと思ってくれる人がどれくらいいてくれるだろうか。


そう真剣に考えたときに、
銀ちゃんの家族を探すのは現実的ではないと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します



事実、銀ちゃんの預かり4年を迎える私ですら、
銀ちゃんと一生を暮せしていけるのか、今もまだ自信がありません。


とにかく今日の1日を過ごしていく。
この1ヶ月を過ごしていく。この1年を過ごしていく。。。
そんな思いで過ごしてきた3年間でした。


クリックすると元のサイズで表示します




これからも今日の1日を銀ちゃんと過ごしていくうちに、
5年、6年、10年、15年が経っていくのだろうと思います。





銀ちゃんが大好きだから、
うちでは迎えたくなかった。

でも銀ちゃんが大好きだから、
共にいることを決めました。



うちで迎えることで銀ちゃんには苦労をかけてしまいますが、
出来る限りのサポートをこれからも続けていきたいと思います。






銀ちゃんにぴったりの家族を見つけてあげることは出来ませんでしたが、
銀ちゃんはこれからも私たちとともに生きていきます。


このブログはここで一旦終了とさせていただきます。
長く見守り続けてくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。

言葉やカウントが、
人を、私を、支えてくれる原動力になりました。

銀ちゃんが幸せになれるよう、
頑張っていきたいと思います。


今度は私が頑張る番です







クリックすると元のサイズで表示します


銀ちゃん。
ふつつか者ですが、これからもよろしくお願いします  杏より




65



2009/4/7  19:10

投稿者:杏

★ちゃめごんさん

いつも温かく見守ってくださってありがとうございました。ようやくこのお知らせが出来る日が来ましたね。もうずいぶん前から銀ちゃんと共に暮らし続けることを考えながら、それでも・・と粘ってみましたが、ご縁は舞い込んでは来てくれませんでした。銀ちゃんには問い合わせがいっぱいあったのだけど、うちの子になってねって言いました。

これからきっとまた色々な困難にぶつかると思いますが、銀ちゃんのペースで、私のペースで、家族みんなのペースで、笑いながら乗り越えていければと思っています。笑う角には福来る!ですよね(^^)

頑張りまーす(^_^)v

2009/4/7  19:06

投稿者:杏

★Rexママさん

長くかかりましたが銀ちゃんにも苗字が出来ました。
しかも私と同じ!(笑)

銀ちゃんを幸せにする自信は未だにありませんが、一緒に楽しい時間を少しでも多く過ごしていきたいと思います。なかなか行き届かないところもあると思いますがそこら辺は大目に見てもらって、これからも銀ちゃんが無理なく出来る範囲の預かりのお手伝いをお願い出来ればな〜と思っています。

ありがとうございました♪

2009/4/7  18:31

投稿者:みゅうママ

初めてコメントします。

こちらのブログをふとしたきっかけで見つけてから1年半くらいでしょうか。毎日、銀ちゃんの成長や変化を見させていただいていました。銀ちゃんと(他のワンコ達も)真正面から向き合って日々過ごされている杏さんの姿に、いつも頭が下がる思いでした。
銀ちゃんだけと向き合える家族を、という杏さんの思いにも共感しましたが、今日この報告を見て、「本当に良かった!」と素直に心から思いました。
銀ちゃんの幸せは、ココにあったんですね!

☆わん☆だふるの中で、幸せな家庭犬・銀ちゃんの姿を見れること、本当に楽しみです。
末永くお幸せに!!

http://blogs.yahoo.co.jp/myumyu_0730

2009/4/7  14:55

投稿者:杏

★aoinさん

私もaoinさんと同じ不安をこの3年ずっと抱えてきました。銀ちゃんのような子に深い理解を示してくださる方がいてくれるか、銀ちゃんが別の環境にいったときにどう変わるか。。。は保護当時から最大の不安要素でした。その不安に押しつぶされて、「なら迎えよう!大好きだし!」ということになりました。

あまり前向きなことではないかもしれないですが、一緒に生きていこうと決めたからには幸せになってもらいたいです。特別なことはなにもないけど、1日100回は笑ってもらえるような家族でありたいと思います(^^)

2009/4/7  14:47

投稿者:杏

★じゅんさん

ご無沙汰しておりますー。
その節はお疲れさまでした!
その後譲渡したネコさんも元気ですか?

銀ちゃんがくれる課題はいつもとっても難しくてヒーヒーしちゃいます^^;それでも最後には笑って乗り越えられるのはやっぱり、それだけの絆があるからなのかもしれません。毎日が一瞬で過ぎていって、必死すぎて気付かなかったのかもしれません。

これからは銀ちゃんやほかのみんなともゆったり過ごせる時間を作っていきたいと思います。

ありがとうございました〜(^^)

2009/4/7  14:39

投稿者:杏

★panda・hahaさん

お祝いのメッセージありがとうございます〜。
遅ればせながら銀パパもようやく子供たちに並びました(笑)

銀ちゃんを迎えることはとても悩みましたが、銀ちゃんが新しい家で困惑するであろう姿を想像するといたたまれない気持ちになったのも事実です。手放しで喜んでいただけるような縁組ではないですが、今までもそうだったように、慌ただしい中にも笑いがあるような日々をこれからずっと重ねていければと思っています。

パンちゃんの毛色はママ似ですね。
ママは保護してあげられなかったですが、
この一族(?)みんな幸せのレールに乗れましたね(^^)

2009/4/7  14:29

投稿者:杏

★tenさん

ご無沙汰していますー。

私もさくらママさんのことよく思い出しますっ。
特に銀ちゃんの今後を真剣に考え始めてからは特に。
もしさくらママさんが生きていてくれたら、私はすぐに相談したと思います。今は亡きさくらママさんならなんて言うだろう・・と考えながら、迎える決心をしました。

とても不思議なんですけど、外出先で銀ちゃんの今後を考えて、さくらママなら・・と悶々としているときに「千の風になって」が流れたんです。

その時に「あー、いつか銀ちゃんと同じ墓に入りたいなー」と。

さくらママさんはいつまでも、
ちばわんの犬の神様なんですね。

2009/4/7  14:22

投稿者:杏

★マナティさん

やっと言葉にしてお伝えすることができました〜。
最後の最後まで葛藤が。。^^;

これまでどれくらいの血が二人に流れたか、ブログではとてもお伝えできないような惨劇(笑)も確かにありました。犬に関する色々な分野の先生方に「処分を」と言われた時、それを受け入れるつもりはまったくなかったですが、理解は出来てしまう冷静な自分もいました。銀ちゃんのことが大好きなのに・・。

これから先、また大きな壁にぶつかることは目に見えて分かっています。助けてほしいとき、ひとりでは抱えきれないときは、大きな声で「助けてー」と叫びます。きっと銀ちゃんを助けて下さる方は多いと思います。

いつか銀ちゃんと遊びに行きますね。
こちらにもまた遊びに来て下さい。
「い○わ ぎんじろう」がお待ちしています(*^_^*)

2009/4/7  14:10

投稿者:杏

★カプアンパパさん

犬の4年は長いですよね。
ある年に年間で15頭近くをお預かりしたことがあったのですが、次々に巣立つみんなの後姿を見送る銀ちゃんの後姿に心が震えたことがありました。銀ちゃんはうちで保護犬としている限り、この巣立ちに否が応でも立ち会わないといけないのだと思いました。仲良くなっては見送り、見送ってはまた受け入れて。。

うちにいる限りは別れと出会いを繰り返していくことにはなると思うのですが、私と銀ちゃんは離れない!ということだけを支柱に一緒に暮らすことを決めました。私のわがままに付き合ってもらう限りは、出来る限りのサポートをしていきたいと思っています(^^)

いつかどこかのドッグランに、ひょっこり銀ちゃんがいるかもしれません。キラキラと笑顔が眩しい男子がいたら、それが銀ちゃんです(笑)

2009/4/7  14:02

投稿者:杏

★ころんさん

迎えようかどうしようかと思っているときは私も頭と心がごちゃまぜで、忙しさにかまけてつい後回しにしてしまっていましたが、日々が過ぎていくのがあっという間で、ふと気付くといつのまにか銀ちゃんも年を重ねていました。それも、短い犬の一生の、貴重で大切な時間を。

これからは家族一丸となって銀ちゃんが困難だと思っていることを「そうじゃないよ」って気づいてもらおうと思います。今まで応援してくださって本当にありがとうございました〜(>_<)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ