2009/4/6

朝露キラキラ  銀次郎

露がキラキラとキレイな朝です。


クリックすると元のサイズで表示します








沢山の出会いと別れの季節です。






銀ちゃんは昨日と同じ今日を送るわけですが、


クリックすると元のサイズで表示します


ひとつだけ、昨日と違う今日が始まりました。






昨日とは違うこと。



それは、







     銀ちゃんには家族がいること。
















はい。













銀くんをこのまま迎えさせて頂くことになりました





クリックすると元のサイズで表示します






私は銀ちゃんが大好きです。
銀ちゃんと家族になれたこともとても嬉しいです。

それを前提に、少し長いですが聞いてください。






銀ちゃんには過去2件ご希望がありました。
そこで銀ちゃんのありのままをお話しすると、
どちらのご家族さまからもご辞退のお申し出を頂き、
まったく問い合わせのないままに時間が過ぎていきました。


私は今でも、うち以上に幸せになれる家・ご家族がいると思っています。

良縁に恵まれなかったことは私の努力不足、力不足で、
銀ちゃんには申し訳ない結果となってしまったと思っています。


きっとこのブログを見てくださる多くの方は、
そんなことはないと言ってくださると思いますが、
『預かり』として、良い方向に導いてあげられなかったことには違いありません。


そして、預かり家庭という特殊な環境の中では、
銀ちゃんの精神的サポートも十分にはしてあげられません。

だから今でも銀ちゃんは、
次々に来る新しい預かりっこの存在に毎回目を腫らして、
その環境に早く慣れるようにと必要以上に頑張らないといけないのです。

優しすぎるがゆえ、
次々にかつぎ込まれる痛み傷ついたイヌネコの、
その気持ちを自分のことのように敏感に感じ取ってしまい、
自分のことのように痛み傷つき恐怖を共有してしまいます。


私は銀ちゃんにうちのような特殊な環境じゃなくて、
ごく普通の家庭犬として落ち着いた生活を送らせてあげたかったです。

預かりをやめて銀ちゃんを迎えるか、
預かりをやめないで、銀ちゃんの募集を続けるか。

そのどちらの答えも出せないままに、
次々に来る預かりっこたちを拒めるわけもなく、
銀ちゃんを迎えることを決めました。


銀ちゃんがこれから先も私といることで、
他の所でならしなくていい苦労をしていかないといけなくなりました。
共に生きると決めたからには、一緒に頑張りたいし乗り越えていくのだけど、
苦労させることが分かっている私は、この縁組を手放しでは喜べません。



でもこれ以上、
銀ちゃんの名字がないままに年を重ねさせることに限界を感じました。



そして、
生涯の課題ともいえるかもしれませんが、
一生うまく付き合っていかなければならない点もあります。

例えば、
トイレシートの角度がいつもと数センチ違うことや、
折りたたまれたシートのその少しのしわですらトイレが出来なくなり、
家具は勿論、縁や壁、ベッド、敷き物に関わらず、
少しの段差や少しの角、ありとあらゆる場所にあたりかまわず排泄します。

銀ちゃんには叱っても褒めても効果はありません。
人がなにかアクションを起こす行動そのものが「興奮材料」なので、
褒められているのか、叱られているのかは理解できません。


また、
鳥が飛んだのが見えた。とか、風が吹いて葉っぱが舞ったのが見えた。とか、
そんな日常のどこにでもあるような些細なことがきっかけで、
自身で制御がきかないほどパニックを起こし怪我をする頻度が高い・・かと思えば、
同じことが起きてもまったくの無反応だったりと、
トレーニングや忍耐や工夫だけではどうにもクリア出来ない問題も抱えています。



銀ちゃんと銀ちゃんを迎えてくれるご家族の本当の幸せを願えば、
これを話さずに譲渡することはあり得ません。



家族として迎えたら、365日、24時間、毎日、一生です。


そういう子と向き合おうと思ってくれる人がどれくらいいてくれるだろうか。


そう真剣に考えたときに、
銀ちゃんの家族を探すのは現実的ではないと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します



事実、銀ちゃんの預かり4年を迎える私ですら、
銀ちゃんと一生を暮せしていけるのか、今もまだ自信がありません。


とにかく今日の1日を過ごしていく。
この1ヶ月を過ごしていく。この1年を過ごしていく。。。
そんな思いで過ごしてきた3年間でした。


クリックすると元のサイズで表示します




これからも今日の1日を銀ちゃんと過ごしていくうちに、
5年、6年、10年、15年が経っていくのだろうと思います。





銀ちゃんが大好きだから、
うちでは迎えたくなかった。

でも銀ちゃんが大好きだから、
共にいることを決めました。



うちで迎えることで銀ちゃんには苦労をかけてしまいますが、
出来る限りのサポートをこれからも続けていきたいと思います。






銀ちゃんにぴったりの家族を見つけてあげることは出来ませんでしたが、
銀ちゃんはこれからも私たちとともに生きていきます。


このブログはここで一旦終了とさせていただきます。
長く見守り続けてくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。

言葉やカウントが、
人を、私を、支えてくれる原動力になりました。

銀ちゃんが幸せになれるよう、
頑張っていきたいと思います。


今度は私が頑張る番です







クリックすると元のサイズで表示します


銀ちゃん。
ふつつか者ですが、これからもよろしくお願いします  杏より




65



2009/4/7  13:55

投稿者:杏

★九母さん

4年かかって九ちゃんと同じ「幸せわんこ」の仲間入りです。九ちゃんがいてくれた頃、大変なことは全部九ちゃんにお任せしていたので、銀ちゃんがうちに来たときも九ちゃんがいてくれれば。。と思うことは正直何度も何度もありました。

九ちゃんのようにはとてもとてもできないですけど、九ちゃんのように「いるだけで安心できるような存在」にいつかはなりたいなと思います。

いつか銀ちゃんと一緒に九ちゃんに会いに行きたいです。きっと九ちゃんは銀ちゃんに宝物をくれると思います。

2009/4/7  13:51

投稿者:杏

★るる母さん

昨日銀ちゃんに「うちの子なんだよ」って言ったら、「知ってるよ」って顔をされました(笑)知らなかったのは私だけだったのかもしれません^m^

まだまだ未知数の銀ちゃんですが、どんなことも銀ちゃんの新たな発見と喜べるような付き合い方をしていきたいと思います。銀ちゃんのような良い子を迎えられて私は幸せです。銀ちゃんにも幸せになってもらわなくちゃと思います〜♪

2009/4/7  13:46

投稿者:杏

★mieさん

カイミミさん、ご無沙汰しております〜。
カイミミさんちのわんこも特別なスイッチをもっていますか〜。スイッチの入り方がよく分からなくてキョトンとしてしまいますよね(笑)
トレーナーさんのご協力も得て少しずつみんなが暮らしやすくなっているのは良いことですね。こういう子には上手に付き合っていけるように導いてくれる人の協力が必要だと思います(*^_^*)

残念ながら銀ちゃんはさじを投げられてしまったのでそれは叶いませんでしたが、ありのままを受け止めるという覚悟をしたら少しずつ理解できることも増えてきました。

まだまだ発展途上にある「我が子」と折り合いながら楽しく毎日が過ごせるよう気張らず頑張っていきましょう〜!こちらのブログはこれで終了ですが、「☆わん☆だふる」というブログではこれからもちょこちょこ銀ちゃんが出てくると思いますので宜しくお願いします(*^_^*)

2009/4/7  13:33

投稿者:杏

★まるゆうさん

長くかかってしまいましたが決断しました。
銀ちゃんにはこれからも沢山の苦労をかけてしまいますが、これからは銀ちゃんが死ぬそのときまで「お別れ」はないので、その時間の中で銀ちゃんを大切にしていきたいと思います。。といっても、有り余るものをもらうのは私の方だと思います。

長く応援してくださって本当にありがとうございました〜!

2009/4/7  13:30

投稿者:杏

★そらさん

保護から今まで銀ちゃんのこと支えてくれてありがとうございましたー。まさかあの日一緒に捕らえた野ザルのようなわんことこんなに長い(しかもこれからも)付き合いになるとは思いませんでしたね(笑)

やっぱり私は複雑なのですよ。
だから銀ちゃんが楽しいと思えることが増えるようにまた遊びに来て下さいね!

2009/4/7  13:23

投稿者:杏

★chiyoさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます♪

見守り続けてくださった方がいたからこその結果だと思います。
ひとりでは抱えきれませんでした。

銀ちゃんが加わった「家族みんな」で幸せになります(^^)

2009/4/7  12:59

投稿者:yumi

銀ちゃん、心からおめでとう。この先もずっとずっと杏さんといっしょに生きていけるんだね!
銀ちゃんが保護された当時は心配でなりませんでした。銀ちゃんの表情がどんどん変化していくのをいつも楽しみにしていました。銀ちゃんをかえてくれたのは杏さんです。深い深い愛情につつまれて銀ちゃんは幸せです。
先日11才の愛犬を亡くしました。色はちがえど銀ちゃんの愛くるしいお顔は愛犬にそっくりでした。
うちの愛犬も幸せだったと思うけど、銀ちゃんも思いっきり幸せになってね@
銀ちゃんファンより。

2009/4/7  12:43

投稿者:ちゃめごん

銀ちゃんは、杏さんの所に居られれば良いのに。
と、勝手なことを思っていたもんですが、とうとう本当になりましたね。

杏さん家の子になったら、預かりっ子が入れ替わり立ち代りの環境だとしても、普通の家庭で家庭犬として生活する方が幸せかどうか、それは銀ちゃんにしか分からないと思います。
杏さんが今の銀ちゃんにとって、こうするのが一番と思っている気持ちは、銀ちゃんにも分かっていると思います。

いろんな事が起こっても、きっと銀ちゃんと杏さんは共に克服していかれると思います。

銀ちゃんを誰よりも愛し、心配して見守っていてくれる杏さんと、大母様と一緒の生活ならば、銀ちゃんはもっともっと進化し続ける事と思います。

銀ちゃん、幸せになれよ!!
って、いまも幸せだよね。

2009/4/7  10:50

投稿者:Rexママ

銀ちゃん おめでとう!
杏さん、長い預かりお疲れさまでした。これから家族として新しい一歩を踏み出されることにおめでとうと言わせてください。
出会いというのは運命だと思います。預かり家庭という環境で家族として生きていくことになった銀ちゃん。一般家庭とは違う苦労も銀ちゃんの犬生です。杏さんのお気持ちもわかりますが、どんな家庭にいても愛されているという事が一番大切なことなのだと銀ちゃんにはわかってると思います。4年という歳月をかけてお互いの信頼関係を築いてこられたのですから自信を持ってくださいね。
家族が出来た銀ちゃん。これからも幸せに!

2009/4/7  1:21

投稿者:aoin

杏さん、こんばんは。
これからも銀ちゃんと共に暮らされる事、実は内心ほっとしました。
杏さん以外に銀ちゃんの事をわかって暮らせる方がいらっしゃるのだろうか、とか、
もし銀ちゃんが杏さんの元を離れるとしたら何かを失ってしまわないだろうか、とか、
銀ちゃんの家族が早く見つかるといいなと思いながらも、でもそんな日がくるのが不安でずっとブログを拝見していました。
ですからこれからも銀ちゃんが杏さんの傍にいられる事をとても嬉しく感じます。

銀ちゃん、よかったね。
杏さんに巡り会えてとっても幸せだね。昨日より今日、今日より明日がもっと幸せになりますように。
きっとそうなるよ、銀ちゃん。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ