2006/12/6

崖っぷち犬  銀次郎

いつも参考にさせていただいている方の日記で、
以前テレビで取り上げられた徳島の崖っぷち犬の記事が載っていました。

里親希望の方が殺到しているということ。
人に慣れていない野良犬を迎えるという覚悟のこと。

似たような境遇である銀ちゃんと暮らす私としては色々と思うことがあります。


今まで数件のお問い合わせを頂いている銀ちゃんですが、
当初からは見違えるほどの進歩を見せている今でも、
ありのままの今をお話しすると辞退されてしまいます。

それは私にとっては進歩でも、
一般的にはそうは見えないからだと思っています。

それはそれで仕方がないことだと思うし、
「迎えられない」と思われたのだからそれは希望者さんにとっても、
ひいては銀ちゃんにとっても最善で最良の選択なのだと思います。

沢山の人たちの努力と願いで助けられたあのわんこ。
沢山の里親希望さんの中からたった1家族と結ばれる方法が、
「抽選」とは、これはちょっと悲しいです。

「飼いたい」気持ちはどの希望者さんも同じでも、
実際に飼える人とそうでない人は必ずいると思います。

同じ条件を同じようにクリアした方でも、
明るく賑やかなご家族もあれば、
静かに穏やかに暮らすご家族もある。

どういうご家族がその子に合っているのか、
ご家族のみなさんに、
「迎えてよかった」と思っていただけるわんこはどんな子か。

里親希望者さんが名乗りをあげてくれたら「はい、終わり」とはいかないのが、
「保護」なのだと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
※のどなら触ってよし

と、えらそうに書いている私も実は。。
銀ちゃんを家に入れるのに、
「責任」は十二分に感じていましたけど、
そんなに大きな覚悟をしていた訳ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
※のどから登ってきても頭はまだダメ


ただただ、
飢えないように、病気にならないように、よく眠れるように、
銀次の犬生のバトンをきちんと繋げるように。

とだけ思って家に入れて生活をスタートさせました。

それだけを考えて暮らし始めたことを思えば、
1年以上野良犬として過ごしてきた子が、
失敗もあるけどシートでおしっこもうんちもするし、
名前を呼ばれたら振り向いたり。。
そんな神業的なことをなんとなく覚えたことがもう感動です。

クリックすると元のサイズで表示します
※仲良しのつーさんとちゅぅ♪


人間臭く、テレビに見入ってるときもあるしね、銀ちゃん(笑


クリックすると元のサイズで表示します


あの徳島のわんちゃんも銀ちゃんも、

なかなか思いが伝わらなくても、
なかなか心が通い合わなくても、
それでもあなたが好きだよって言ってくれるご家族に巡り会えますように。



1



2006/12/11  14:02

投稿者:杏

あーちママさん。

ありがとうございます〜。私が頑張れたかどうかは分かりませんが、銀ちゃんの頑張りや踏ん張りの邪魔にだけはならないように努力してきたつもりです^^;今少しでもそばに来てくれるのはその努力をほんのちょびっと銀ちゃんが認めてくれたのかな?という感じです。ああなってほしいとかこうなってほしいという希望はそれこそ山のようにあるんですけど、こうゆう子って「できたらでいいんだけどね」がつきますよね(^^)強制でもなく願望でもなく「夢」程度に思うことで余分なプレッシャーをかけなくて済んでいるのかなって。怖がりとかで物事を慎重に運ぶ子はその過程が長いから気が付かなかったり小さなことだったりもしますけど、「長い」と初めから思っている分、思ったよりすんなり出来ちゃうと涙がでるほど嬉しかったり。。ひとつのことを一緒に長く続けていく中で知らぬ間に信頼関係が結べて来てたりしますよね♪銀ちゃんの緩やかな成長を一緒の足並みで進んでくださる里親さんとご縁を繋ぎたいです!

2006/12/8  15:39

投稿者:杏

アンジェロパパさん。

どの預かりさんもそうだと思いますが、卒業した子が本当のご家族のそばで安心して暮らしていることが何よりも何よりも嬉しいです。どれほど多くの子を卒業させた預かりさんも、イベントに卒業した子がご家族と会いに来てくれる!となると、それが分かった日からその日を指折り数えて興奮しています(^^)卒業した子が本当のご家族のもとでイキイキと暮らしている様子は、そのあとの活動の活力にもなります。崖のわんこもあの瞬間をみんなで見守って応援したのでこれからも忘れることなく見守り続けたいですね。

2006/12/8  15:35

投稿者:あーちママ

崖のわんちゃんの里親さんが抽選とは驚きです。つい先日ブログ仲間と
ちゃんとあの子に合った里親さんを決めて欲しいねと話したばかりだったので。

銀ちゃん、かっこいいし、欲しいなと思う人きっといますよね。
でも、確かに銀ちゃんのことを丸ごと受け止めてゆっくり付き合ってくれる人、やっぱりそういう人に里親さんになって欲しいなとは思います。
あーちだってまだたまに私の顔色見てすすっとハウスしてしまい、ちょっと寂しく思うことあるんですよ。
頭を触られのはやっぱり苦手だしね。
でも、うちに来た頃を考えたら本当に変わりました。すごーくちょっぴりだったり、普通の犬には当たり前だったりするけど、私達には嬉しいんですよね。
だから銀ちゃんのことわかるような気がします。
でも、以前の銀ちゃんの様子読みましたが、杏さんは本当にがんばってこの子に接してきたんだなって思いました。
がんばるって言い方変だね。やっぱり愛情なのかな。銀ちゃんそれを感じているんでしょうね。でも、まだ自分にできた壁の厚さが大きすぎるのかもしれませんね。
なんだか支離滅裂になってきた。ごめんね。
とにかく杏さんと銀ちゃんを心から応援してます。

http://achi2005.exblog.jp/

2006/12/8  15:29

投稿者:杏

Rexママさん。

保護って難しいし大変だしキツイし気苦労も絶えないし・・で、ほとんどのボラさんは色々な意味で早くこんな活動がなくなる日がくればいいと思っていると思います。でも関わった子が最愛の人と微笑み合う瞬間に立ち会えたときの感動は言葉に出来ないほどです。行政にできることと私たちができること、それぞれが1つのことに向かっていい所を尊重しあって、足りない所を補い合えればもっともっとその瞬間に立ち会うことが出来ますよね。銀ちゃんの本当の笑顔もいつか必ず見届けます。

2006/12/8  15:20

投稿者:杏

ハルかーちんさん。

成犬でも仔犬でも老犬でも、家族が増えるということは大きいので慎重にお考え頂いたくに越したことはないのですが、出会いってなぜか予期せぬ時に起こったりあきらめかけたときに出会うことも多いですよね。ハルかーちんさんのご家族にぴったりのパートナーが見つかりますように(^^)v♪

2006/12/7  12:45

投稿者:アンジェロパパ

抽選とは知りませんでした。杏さんのおっしゃるとおり、犬(ましてや野犬)を飼うにはふさわしくない家庭もあるでしょう。私はさまざまな理由で、犬猫は大きさ等に関わらず室内で飼うべきと考えてますが、そう思わない人もいるでしょう。
理想をいえば、「崖っぷち犬」は名乗り出た保護団体間で、調整なり、抽選でいったん保護していただき、その後、千葉WANのように、里親希望者の書類審査のあと、面接をへて、譲渡とするのがよろしいと思います。
そして、できれば里親さんは、家族であるワンニャンと出会うまで、大切に育てていただいた預かりさんには、ワンコ・ニャンコの成長を報告したり、たまには会ったり、ワンニャンの生涯にわたり、家族づきあいをするべきだと思います。
保護犬には、犬のお母さん、人間の、命の恩人のお母さん(預かりさん)、人間の家族がいると思います。私の知る限り、保護犬は皆いい子ばかりです。それは、社会勉強と人間から受けた愛情が豊富だからではないでしょうか。
銀ちゃん、いい家族と会えるといいね。

2006/12/7  11:28

投稿者:Rexママ

保護活動というのは簡単ではないと思います。里子に出した後も問題がないか幸せに暮らせているか心配がつきないもの。上手くいかない時にきちんと対応できないと、せっかく助けた命がまた不幸になってしまう。継続してその後を追うのは行政には難しいことなのかもしれませんね。「抽選」で一番望ましい家庭にもらわれるのを祈るしかありません。
杏さんが銀ちゃんの成長を喜ぶように、共に成長を喜べる家族が必ず見つかります。焦らずに信じていてください。その気持ち必ず伝わります。

http://rexmama.blog62.fc2.com/

2006/12/7  8:42

投稿者:ハルかーちん

杏さまのおっしゃること、お気持ち、ぜ〜んぶは理解できないであろう私ですが、とっても共感いたします。九ちゃんに惚れて以来、成犬を我家に迎えたいと犬飼いとして日々精進(してるつもり?)すればするほど安直に引き受けてはいけないとの思いが強くなります。先住犬(ハル)の気質や相性も配慮しなくてはいけないし・・・いつかきっと銀ちゃんにぴったりのすばらしい里親さまが現れます(きっぱり)・・・私は修行が間に合いそうもない(ボソッ)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ