戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
ナックスさん
快晴ですが少し肌寒い船橋の外れから、ヤックスです!
先日のコメントに反応するのを忘れていましたが今回は船橋に滞在しています。
サントリーホールや明後日の九段下には便利ですね。
サロンホールはお客さんが入ると音を吸われて響きが悪くなります。
お客さんがいない時に響き過ぎるぐらいがちょうど良い感じ。
ホールによって響きの損なわれ方が違うのですが、ブルーローズではどうだったか…?
かなり前に演奏したっきりなのて覚えていませんが、極端に寂しくなる事はなかったと思います。
投稿者:ナックス
 辺見さん、こんばんは。 雨のち快晴で、お星様+お月様ピカピカの船橋の外れから、日帰り札幌出張から無事に帰ってきたナックスです。

 明日の夜は、いよいよ「ポリーニ・パースペクティブ2012」ですね、そして、3つ下のナイスガイは、ポリーにさんではなく、作曲家のジャコモ・マンゾーニさんでしたか。 大変に、失礼しました!! ご本人様にも。m<_ _>m でも、今、タイトル読み返せば・・・

 で、
>このブルーローズはお客さんがいないととても響きが良く、
とのことですが、これは、お客様が、「音」に関しては、「反射物」兼「吸収物」になってしまうと言うことでしょうか? お客様で一杯になっても、良い響きが保てるといいですね。

 ところで、最近は、ブルーだけでなく、レインボーカラーのバラもあるとか???

 ではでは、明日の大成功を祈りながら、お休みなさい!!

http:/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ