戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
のんびりさん
昔は音楽は主に貴族のサロンで演奏されていたので楽器も大きな音が出なくて良かったのですが大きなホールが建設されるにつれて楽器も改良が進みました。
ピアノなどは特に機械なので200年前の楽器と現代の楽器では桁違いの進歩があります。
でもヴァイオリンやハープ、ギターなど原始的な楽器はそんなに改良する事はできないので、たとえばオーケストラで伴奏する時などはめちゃくちゃ小さな音で強い音を表現します。
ヴァイオリンで言えば概して大きい音の楽器は近くで聴いたりマイクを通すとやかましく、近くで聴いて心地よい音の楽器は大きいホールでは存在感がありません。
両方を兼ね備えた楽器と言うと何億もします・・・

ライブの時に余裕があれば是非体験していただきたいので気軽に声をかけてください。
勝手に触られると困りますが僕たちが見ていればウェルカムです!
投稿者:辺見
みくことさん
X[iksa]のメールはたかよさんが管理しているのですが忙しくしており対応が遅くなっているのだと思います。
申し訳ありません。
僕もですが音楽活動が最優先になってしまって事務が後回しに・・・
分身の術をマスターしたいところです。

器楽は歌詞がないのでメッセージが伝わりにくい部分がありますが、逆に聴く側に自由があります。
一つの音楽から人によっては全く違う事を感じ取る事もあり、それがまた面白いです!
演奏を聴いて空想を膨らましていただけたら・・・
今後とも応援よろしくお願いします!
投稿者:辺見
りょうさん
生音は本当に尊いものですね。
CDはスピーカーやヘッドフォンで聴くものとして大切な媒体ですが、生音のライブは全く別の聴き方をしなくてはいけません。
りょうさんのような感受性がある方がもっとたくさんいらっしゃったら良いのですが・・・
X[iksa]の編成では本当は数十人の会場がベストですが、プラバホールのような大きなホールでも感じ取っていただいた事は本当に感謝です!
今後とも温かく見守っていただけたら嬉しいです。
投稿者:のんびり
辺見さん、こんばんは。プラバホールのコンサートと国府東小学校での演奏お疲れ様でした。m(_ _)m
移動もあって大変だったと思いますが充実した1日だった感じで良かったです。( ´∀`)

初めて知りましたがコンサートホール対応の楽器とサロンホール対応の楽器があるんですね。(・∀・)
楽器も奥が深い感じですね〜。(・∀・)

国府東小学校では楽器体験コーナーもあったんですよね?( ´∀`)
うちもいつかは体験してみたいですね〜。ヾ(^▽^)ノ
投稿者:辺見
ナックスさん
スピーカーを通すと確かに音は大きくなって良く聞こえますが、やはり電気の音になってしまいます。
それにどうせスピーカーならCDやラジオで聴くのと同じという考えも・・・
やっぱりコンサートの醍醐味は、その時その場所でしか味わえない生音を体験する事です。
12月20日もたとえ録音したとしても空気の振動である音を体で感じる事が出来ません。
是非皆さんに会場にお越しいただきたいですが遠くの方は難しいですね・・・
でも将来はそれでもわざわざ来たい!と皆さんに思っていただけるようになりたいです。
投稿者:みくこと
辺見さん こんにちは^▽^

名手コンサート 宅急便 お疲れ様でした(*^o^*)
色々な意見があるみたいですね 俺は最近X[iksa]のお二人を通じて 楽器の演奏聞くようになったんで 色々あるんだなぁ って 思ましたよ(*^o^*

ぜひ プラバでの生音 生歌聞いて見たくなりましたよ^▽^




所で X[iksa]ライブのチケットメールしたんですが… 届いてますか?
投稿者:りょう
辺見さん,こんばんは。(^o^)

昨日,一昨日と精力的に御活躍され,サポーターの私達も本当に嬉しい限りです。
(御写真,ありがとうございます。)

いつか必ず「生きた証」残ります!!
そのためには,我々サポーターもご協力していきます!!
(^o^)

私は,会場の一番後方席にて聴かせて頂きました。

辺見さんの奏でられる音は確かに私の心のポケットの中に入り込んで,響いていました♪
(^o^)

生音はきちんと聴こえてみえておりました。

やはりコンサートは,演奏者と御客様が一体となってつくりあげて初めてすてきなひとときになろうかと感じております。

そのためには,私達サポーターも心のポケットを大きく開いて,空気中を伝わってくるひとつひとつの音を大切にしまい込み,耳で,頭で,そしてハートで素直に感じ取る感受性を養う必要があると感じました。
(^o^)

先ずは,演奏者される方々,歌われる方々の「生音」をきちんと聴く礼儀も必要です。

名手の御演奏を拝聴させて頂き,辺見さんの演奏者としての顔も観る事ができ,本当に感服です!!

演奏終了後のPRパフォーマンスは辺見さんにしかできません。
そこが辺見さんの良いところです。

セオリーでいけば,クラシックだからクラシックの演奏法になるのかもしれませんが,世界中に数多くの演奏者がおられる中で,辺見さんにしかできない感性をこれからも余すところなくみせて頂きたいと思います!!
(^o^)

そして,それが,いつか必ず「生きた証」に繋がるものと信じております!!

(追伸)
レッスン日程調整の御連絡,有難うございます。
(^o^)

https://www.facebook.com/honda.aba.na2.nsx.type.r.gt
投稿者:ナックス
 辺見さん、こんばんは。 いつものように、船橋の外れのナックスです。

 1枚目の写真、さすがに格調高いですね。
 で、PA通すと、やはり、どうしても周波数特性を始めとした厄介者が付きまといますものね。 楽器そのものの音で聴けるなら、それが一番ですね!!

 で、何やら、来月20日には六子ちゃんのスペシャル・リサイタルが? クリスマス版なんですかね。 一度、X[iksa]のお二人の演奏で、六子ちゃんのアメージング・グレイスの生唄を聴いてみたいです。 この時期は、特に!!

 そして、辺見先生&たかよ先生の芸術宅配授業、お疲れ様でした!! きっと、国府東小の生徒さん達は、目をキラキラさせて楽しんでくれたことでしょうね。
 そんな生徒さんの中から、やがて、未来の「山陰の名手」が誕生するかも??? 楽しみですね!!

 ではでは、今夜はこの辺りで。 お休みなさい。

http:/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ