戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
ナックスさん
いつもブログを見ていただきありがとうございます!
今回のKAATでのクリエーションは他に何もする事が出来ないぐらいこもりっきりでした。
ブログもたまの更新で手一杯…
失礼いたしました。
野田秀樹原作の幕末を題材にしたミュージカルです。
本格的なミュージカルは初めてなので楽しみです!
それにしても隠岐の海関、上位ではいつも黒星続き…
何とか勝つコツを身につけて欲しいものです。
投稿者:ナックス
 辺見さん、こんばんは。 ナックスです。 おかげさまで、やっと80%復活モードです。 だんだん!!

 で、行かれましたか、634の足元へ。本当に「反り」の入ったお城の石垣もそうですが、本当は真っ直ぐな外壁のビルでも、あまりに大きいと、真下から見上げれば、自分の上に覆い被さっているように見えますね。 残念ながら、私は、スカイツリーは、東西線の車窓からしか観たことありませんでしたが・・・・・。(笑)

 で、「天翔ける風に」、私は知りませんでしたが、写真からすると、何だか歴史の狭間というか、和と洋の狭間というか、どっちか一つではない設定のような気がしますが・・・?

 そして、隠岐の海さん、連休に帰ったときに観たのか、某局のテレビ放送の中で、隠岐島に里帰り(?)された際の歓待ぶりが紹介されていましたが、今場所は、残念ですね。
 気持ちを切り替えて、来場所に期待しましょう。

 ではでは、また。 お休みなさい。

http:/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ