戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
ここママさん
度々のコメントありがとうございます。
一流とは言えない僕ですが聴いておられる方の心に何か働きかける事ができて嬉しく思います。
これからも精進して一流の音楽家になれるよう頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします!
投稿者:ここママ
度々申し訳ありません。
寝入りばなに あっ!と思い再度コメントさせていただきます。

もしか…「コンサートに3歳未満の子供連れで来るなんて不謹慎な…。」と
思われていまうと悲しいので 言い訳させてくださいませ。

たまたま「先生の音色に心震えて…」とお話した方が音楽関係の方で、門脇先生をご存知だったことからコンサートを知りました。
先生にも確認してくださり、
「泣いたり大きな声でお喋りお喋りされなければいいですよ。楽しんで下さい。」とおっしゃってくださったとの事で、
「では、何かあった直ぐ出れる様に戸口のお席に座らせて頂きます。」

と、勿論息子のチケットも購入させて頂いて出向いたのですが…、主催楽器店さんはお困り顔で…。それもそのはず スティックビルのホールの後部席側には出口が御座いませんでした。
加えて門脇先生のギターはそれはそれは物悲しいメロディーで…(笑)。
「こんなところに子供をつれて来て…。」と思われているだろう他のお客様のやや冷たい視線を受けながら会場をそそくさと後にしたのが思い出されます。(苦笑)

さほど音楽好きでもない私が 問い合わせまでして頂き もう一度聴きたい! 息子にも聴かせたい!と思えた音色だったのです。

先生のバイオリンは 音楽マニアではない(どちらかといわなくても体育会系の)私の様なタイプの人間もそこまで心振るわせたしまう音色でした。

そして今や息子はバイオリン大好きっ子です。

世の中一流の方は 本人がご存知ないところで⇒ こうして 何の変哲もない普通の家庭の子供の生活までにも影響を与える凄い力を持っていらっしゃるものなんだなぁ…と ここ最近思いながら 今日ふと検索トライしてみてたどり着けた次第でございます。

ではまた1月前に先生にレッスンの枠がいただけるかどうかお伺いのご連絡させていただきたく思います。
宜しくお願い致します。

ここママ
投稿者:辺見
ここママさん
来年の1月は今のところ東京と大阪でしか入っていません。
近くなるとコンサートが入る事もありますのでまたチェックしてやってください。
またのご連絡お待ちしております!
投稿者:ここママ
コメントバックを有難う御座いました。

写真はもしかすると右端にいるのがそうかもしれませんが、途中息子がハミングしだしたり「おうちにあるね〜。」「ここもしゅる〜。」とかお喋りしだしたもので、書架の方へ移動しております。写っていないかもしれません。

図書館での息子の反応と 私自身が 今まで物心ついて記憶にるある限りですが…、生バイオリンを聴いてきた中で、初めてバイオリンの音色って繊細で美しいなぁ…と心振るえたこともあり(バイオリンは習わされた事はございますが…今は全く弾けません。)
その後偶然先生が出演されるギターの門脇先生のコンサート(松江スティックビル)を知り、息子を連れて出向いたのですが…とても子供を連れて聞かせて頂ける雰囲気ではなくかった為、1曲目で会場を後にしました。先生をお目あてで出向いておりましたのでとても残念でした。
加えて
お恥ずかしながら、私はあまり積極的に音楽を楽しんでいるタイプの人間ではなく、またPCも苦手なもので、ほとんど先生の情報を得られないでいました。(山陰で活躍されているのも存じあげませんでした)

先ほどまで
必死で1月のコンサート情報を検索しておりました。
ブログに戻るとコメントをいただいておりましたので、喜んでこうして再度コメントさせて頂いております。
(一時期CDも探したのですが検索しきれず、出されていないものと思い込んでおりました。:今の世の中PCが上手に使える若い方は便利ですね。あっ。私、超高齢出産なもので…。)

帰省近くになりましたらお電話にてお伺いさせて頂きたいと思っております。

何卒宜しくお願い致します。

ここママ




投稿者:yashemmi
ここママさん
この写真には写っておられるのでしょうか?
僕の演奏がきっかけでヴァイオリンを始められたとの事、嬉しい限りです!
島根に帰っておいでの際は是非ご連絡ください。
今はどちらにおられるか分かりませんがブログをチェックしていただいて近くでコンサートがある時には是非お越しください!
投稿者:ここママ
辺見さんのこの図書館コンサートで、初めて生バイオリンを聴かせて頂いた息子は、「ばいおりんちたい〜。」と言い出し、それからもしつこく習いたっがので、3歳からはじめました。もうすぐ5歳になります。現在先生にはご無理をお願いして週4レッスンも通い詰めさせて頂いている程のバイオリン大好きっ子になっております。
現在県外におりますが、また島根に戻ります。その時は是非辺見さんのコンサートに連れて行かせて頂きます。
ふとネットを検索していて辺見さんのブログにヒットしたもので、懐かしく&嬉しくコメントさせて頂きました。
今でも
辺見さんの音色に心が震えたのを想いだします。バイオリンの王子様の様でした。
大人でもそうっだのですから3歳まえの息子には どんなか美しい音色をだす楽器なんだろう…と感じたに違いありません。

島根に戻るのを楽しみにしております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ