戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
馬耳西風さま
ファルファーレさんのブログではお名前を拝見していましたので始めましてという感じではないですね!
遊びに来ていただいて(と言っても少々お堅いブログですが・・・)ありがとうございました。
今ではBRICsは「BRICS」としてSouth Africaを入れる人もいるぐらい発展目覚しいようです。
南アフリカ以外のアフリカ諸国には行った事がありませんが、少なくとも発展途上国というイメージはなく、先進国という様相でした。
やはり資源がある国は本気を出すと強いですね。
その点で言うと僕は日本の将来を危惧しています。
国民の意識も低くなっていますし衰退途上国ですね・・・。
でも少なくとも今の日本では音楽文化は豊かな方だと思いますので、こちらは衰退しないように頑張って行きたいと思います。

コンサート情報も載せますので、またコンサートにも来ていただけると嬉しいです。

最近ハープにハマっています!
ハープファン仲間が増えて嬉しいです。
近々ファルファーレさんのコンサートにも行きたいと思っていますので、どこかでお会いできるかも知れないですね。



http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:馬耳西風
ファルファーレのおふたりのページからやってきました。南アフリカの記事、とても興味深く読みました。金をはじめとした資源国でもあり、個人的には、BRICsの次に来るのかな、と考えています。外務省のHPなどでは、やや危険な国というイメージがありましたが、実際にそこで過ごされたかたのナマの声を聞くことができ、大変参考になりました。時々、お邪魔しますので、今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者:辺見
hantaさま

ブログチェックしていただいてありがとうございます。
hantaさんのブログにも何かコメントしようと思うのですが話題がなくて…。すみません。
子猫から飼うと大丈夫なんて知りませんでした!
貴重な情報ありがとうございました。

アフリカーンス語はオランダ語とそんなに違うのでしょうか?
ベルギーではオランダ語に極めて近いフラマン語が話されていますが、南アフリカから移住した人はフラマン人社会に上手く溶け込んでいます。
いずれにせよオランダ語を話す人は大体英語も話せますから、覚えてもあまり実用的な言語ではありませんね。

http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:hanta
以前英語を習っていた先生がオランダの出身でした。
その先生が南アフリカへ行ったときに、
現地の人が話している言葉がオランダ語に
とても良く似ていて、何を言っているかが
良くわかった。しかし自分では話せなかった。
と、言っていました。
今日その謎が判明しました。
ありがとうございます。

さて、猫アレルギーは子猫から飼うと
大丈夫だそうです。
でもご旅行が多くてねこさんも辺見さんも
可哀想かも知れませんね。

http://hantanyannyan.ameblo.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ