戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
せなパパさん
中国電力にお勤めされている事は聞いていましたが、原子力のエキスパートだったのですね!
僕のブログで気分を害しておられない事を祈ります…
でも実際に現場で働いておられる方々には心から敬意を表しています。
危険と隣り合わせなのを承知で使命感をもって努力されている姿を見ると感動を覚えます。
チェルノブイリでは多くの技術者の方が殉職されたとの事…
福島ではそうならない事を祈ります!

悪いのは政治やお役所!!
最近新聞を読んでいなかったので寄付金の事は知りませんでした…
お金に困っているのは分かりますが信じられない!
島根県として原発を容認したと言う事、早すぎる決断、許せない…
行政と企業が結託して金儲け!
そのせいで福島では多くの人が被害を被っている。
そしてその金儲けしていた人たちだけではなく国民全員で賠償する。
どう考えても納得できません!
前に島根原発の内部ツアーに参加した時も原発がいかにクリーンで安全な発電所かと言う事を諭されました。
その安全は神話でしかありません。
せなパパさんには原発廃炉のエキスパートになっていただけたら…
投稿者:せなパパ
こんばんは。いつもライヴ会場で御世話になっております。私は15年以上島根原子力発電所の一員として長年放射線の測定管理に携わっています。原子力安全委員会の斑目委員長は過去に色々と有識者が地震の知見(危険性)を唱えながらも「よくしらない方の意見に,はいそうですかと簡単に賛同できるはずがない。」と軽く一蹴されました。しかし,今回の事故を見て,「よくわからない」とのご発言。正直呆れました。明らかに放射性物質は漏えいいたしますが,ERSSの予測結果(海側)がわかった時点でウェットベント(放射性ヨウ素は水に溶けます。)にて,放出していればと残念でなりません。島根県では,原子力の税収を見越した予算を組んでおられましたが振り出しに戻りました。と思っていましたら,先日,当社から1億5千万円もの寄付金が納付されたとの報道を見ました。一体,何を信じて誰を信じて業務を遂行してばいいのかだんだんとわからなくなってきました。しかしながら,発生した事に私は目をそむけず放射線測定の職人として少しでも住民の皆様(特に将来を担う子供さん)の役に立ちたいと思い福島応援に自ら志願しました。(もしかしたら,命を落とすかもしれません。しかし,これは私が学生時代から望んでいました事であり,自らの意思で選んだ道でもあります。)危険極まりない集中力を要求される業務となることは必至ですが,原子力エンジニア放射線のエキスパートとして,自らの命を懸けて誠心誠意,謙虚な姿勢で対応に努めていきます。それが,机上ではなく,長年現場最優先の私のポリシーでもあります。人間そのものが本来不完全な生命体ですので,「絶対安全」,ましてや「安全」という言葉は使用してはいけない言葉であります。不完全な人間が造り上げた原子力が100%安全であるはずはありません。どん物事にでも必ずどこかにウィークポイントがあり,発生確率を如何に低減していくかということを島根におきましても尋常ではないくらいに実施する対策を今後考えています。しかし,それでも100%には近づけても絶対に100%にはならず,ましてや「安全」になることはないでしょう。失敗学,東大名誉教授の畑村洋太郎氏の「最悪のシナリオ」をトップに掲げて物事を考えていく必要性があろうかと思います。NISAは即刻解散させて頂きたい。現場の声(震災に遭遇された方々の声)をもっと大切にして欲しいと思います。
投稿者:辺見
とうるりむさん
境港にお住まいなのですね。
境港は平地しかないので心配なさっている事でしょう。
東北並みの津波にも対応しようと思えば城塞のような町にしなくてはならないでしょう…
天災はある程度は納得できますが原発事故は人災!絶対納得はできません。
僕は防護服を着て島根原発の内部ツアーにも参加した事がありますが、人間は完全ではない、間違いを犯してしまう者と考えたら安全を訴える案内人が詐欺師に見えました。
保証金にしても結局は鹿島町民の命を安く買って、一方で大儲けしているようにしか見えません。
目先のお金に惑わされたらいけません!
投稿者:とうるりむ
辺見さん:六子さんの曲を収録したイクサDVDについて問い合わせをし、松江城ライブで買わせて頂きました境港の「とうるりむ」です。沙汰神社ライブの時にはTシャツを見させて頂き有難うございました土下座さて島根原発の問題ですが、去る3月下旬に米子の中海テレビから原発可否についての突撃街頭インタビューを境港のスーパー駐車場で受け、私は反対の立場で回答、そのインタビューが知人によると放送されたと聞きました。それを契機に島根原発について改めて考えてみたいと思い、その後に島根原子力館に初めて行って来ました。原発がいかに必要かを宣伝する場所では、ありましたが、原発の現状を知る上で、行って良かったと思いました。私の住む境港からも半径20kmですから福島第一原発と同じ事故が起こればアウト´Д`です。が境港の場合、放射能汚染以前に高台がないため、気仙沼のように津波で水没し、米子空港も仙台空港と同じ運命になることを考えれば早急な対策が日本海側にも必要だと考えます。

投稿者:辺見
みやざこ先輩
メールありがとうございました。
5月21日迫ってきました!
宣伝とチケットのご協力ありがとうございます。

原発はとりあえずは全面的に停止が基本!
そしてまずは節電して足りなかったらその時に考えればいい…
みんなが一致団結すれば原発で作っていた電気分ぐらい節電できるはずです!
投稿者:旧・みやざこ@Sax
子供の時に、アメリカやロシアの事故をリアルタイムで見て、自宅が原発から10km圏内と
いうことに危惧を感じていました。まさか、本当にあんな事になるなんて。(((・・;)

ただ、地元に国からお金が落ちて、恩恵を受けているのも事実。
大きな声で反対を言えない方々はいるでしょうね。

今日、中部電力の浜岡原発の運転停止の話が出ていましたが、自分の今の生活に関わるだけに、
注視したいところです。

http://souplesse.blog17.fc2.com/
投稿者:辺見
サビオラさん
よくご存知ですね!
お偉方が働きかけているのであれば一般市民は一丸となって拒絶する必要がありますね。
インターネット上でコソコソ言い合うのではなく社会全体を巻き込んだ大きなムーブメントにするにはどうしたらよいのでしょう・・・?
原発廃絶のためにこのチャンスを狙いたいです!
投稿者:サビオラ
ずっと前から石橋克彦さん、広瀬隆さん、小出裕章さんが警告しているのに、政府、電力会社、大手ゼネコン、利権者などが押し切ってきましたからね ̄へ ̄

マスコミすらも電力会社が大スポンサーの為、下手に反対出来ない状況らしいですし…


島根原発に当てはめると、島根県東部から鳥取県西部の人口が集中している地域は、ほぼ住めなくなりますね・・・

宍道湖、中海は汚染され、その水が境港や日本海に流れて行きます。

オール電化は原発で余った電気を使いきる為、政府の政策で行っていると聞きました。


スリーマイル、チェルノブイリ、伊方、もんじゅ、柏崎刈谷、東海村、そして福島と次々に警告が来てるのに、日本人はなぜ止まって進路変更する勇気が無いんでしょうかね・・・
投稿者:辺見
追記
今まで原発でまかなってきた電力をどうするか?
それは節電あるのみです!

まずは一人一人の努力!
不必要な電力を使わない、電気ストーブやエアコンを使わない、オール電化住宅の見直し、太陽光発電の導入など…

そして何より電力を使っているのは企業。
身近なところではショーアップのみの無駄な照明の廃止、商店街など扉を開けたままの冷暖房の禁止、企業努力としてはLED照明への全面的な切り替え、太陽光や風力発電の導入など方法はたくさんあると思います。

電力は電力会社が作るもので僕たちは消費するのみ、と言う意識を変えなくてはいけません!

電気を作るのは大変な事…
目に見えないものに価値を見いだすのは難しいですが、メディアも表面的な事実を誇張して報道するのではなく、これからすべき事を啓発するような賢い媒体になってもらいたいものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ