戦う!!ヴァイオリン

現代音楽をこよなく愛すヴァイオリニスト、辺見康孝からの宣戦布告です。
コンサート情報をお見逃しなく。
皆様の参戦お待ちしております!

 

プロフィール

       辺 見  康 孝   (へんみやすたか、ヴァイオリン) 辺見康孝(ヴァイオリン)  松江市生まれ。これまでに日本をはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港で演奏活動を行っており、様々な国際音楽祭に招待されている。  2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はソロやX[iksa]、またnext mushroom promotion、武生アンサンブルなどのヴァイオリニストとして演奏活動を行う。2012年には日本人としては初めてジョン・ケージの「フリーマン・エチュード」全32曲リサイタルを日本現代音楽協会主催で行い、話題となった。近年はダンサーとの活動も多く、鈴木ユキオや白井剛、吉本大輔、ダムタイプのアーティストとも作品を発表している。またスタンフォード大学(アメリカ)などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。  2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、数々のX[iksa]アルバムの他、多数のCD録音に参加。                詳しいプロフィールはこちら 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:辺見
てつさま
確かに湯浅先生の音楽はとても深いです。
人間としても魅力のある素敵な方で僕もそうありたいと思います。
抽象的な音楽は心の中を描いたもの…。
まだまだ湯浅さんの深い心を表現できているとは思いませんが人間修養を重ね、深い音楽を表現できるようになりたいと思います。
今後とも温かい目で見守っていただければ幸いです。

http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:辺見
k.kさま
いつもありがとうございます!
僕の演奏に興味を持っていただける方がたくさん増えると嬉しいです。
現代曲はCDではなかなか分からない部分がありますが、昨日のライブを思い出しながら聴いていただければ幸いです。
僕のソロCDのご使用上の注意点ですが、あまり長時間聴くと精神がどこか遠くに行ってしまいますのでお気をつけ下さい!

http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:辺見
下のコメント
「いきたい」が「生きたい」になっていました。
確かに世知辛い世の中…。
頑張って生きなければ!

http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:辺見
sawaeさま
似た方がおられるな…と思っておりましたがやはり同一人物だったのですね。
二度にわたるご来場、本当にありがとうございました。
おっしゃるとおり忙しくて全然PR出来ておりませんでした。
松江では不戦敗か??と思いましたが日曜はたくさんお集まりいただいてホッとしています。
一人で企画すると大変ですがこれからも頑張って生きたいと思います。
5月のリサイタルも山陰ではなかなか聴けないハープとのリサイタルです。
こちらもオススメですので是非ご来場下さい!


http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
投稿者:てつ
1月29日 今朝になっても耳の底にヴァイオリンの響きが残っています。高度な技巧もさることながら、寛ぎ・癒し、そして官能にいたる音の世界を表現してきたクラッシクに対し、現代音楽の特異な音響の世界に惹き入れられました。就中(なかんずく)、湯浅譲二氏(1929年〜)の曲は同年代の人間として大いに共感し感動しました。あの戦前、戦中、戦後を経てきた苦難と忍耐、そして何百万の命の犠牲の上にある戦後の復興、その後の日本社会に対し、私たち年代の怒り、イライラ、閉塞感をひたむきに表現してくれたように思いました。言い換えれば、音による深刻な文化評論(戦後の爆発的な)のようにも受け取れました。「戦うヴァイオリン」まさにその通りです。現代音楽は、とてつもない今までの常識を覆す(クツガエ)すような作曲、そして楽器に対し縦横に強いる強烈な音の印象は聴く人の心に深く突き刺さって、漸次、聴衆に理解され、ファンが増えてくるでしょう。人間への温か味を培いながら、今後のご研鑽、ご奮闘を祈ります。てつ
投稿者:k.k
“ギャラリーC公演”には毎日でも駆けつけたいところでしたが、日曜の公演に出掛けました♪(やはり日曜日の午後が出掛けやすいかな…)雰囲気のあるホールで今回のリサイタルにはぴったりだと思いました。辺見さんのお話も楽しかったし、演奏も初体験でしたがとても楽しかったです!時々、引き込まれていました♪
アクシデントがあり私が誘っていた2人が来られなくなってしまい残念でしたが…一人でも多く辺見さんの音楽に触れてもらうよう、クチコミしなくては(~0~)//
それと、やっとソロCDを手に入れたので覚悟して聴いてみま〜す♪CDのジャケットが気になっています…
著作権て大変なんですね!何とかならないものでしょうか…!!
とにかく、松江公演お疲れさまでした!これからも、がんばってください♪次の公演が待ち遠しいです(*^0^*)

投稿者:sawae
楽しかったので,土日とも聴きに行きました。現代音楽は,生演奏でこそ伝わる面白さがあるようです。曲の解説やご自身の逸話を交えるところはとてもよかったです。ただアンコール曲は現代音楽の方が締まると思いました。お客が少ないのは,PRの情報が少なかったからと思います(私も見落とす所でした。)。これからも自信を持って,ご自身の世界を表現していただくことを期待しています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ