2006/9/29  15:25

自己の不安が「不安夢」を作り出す  夢判断

はるさん、コメント(7/14)有難うございます(^^)/

ご自分で夢を調べた時には良く解釈できなかったのは、謙虚さの表れかもしれませんね?

現実では、駄目だったところを反省するのも大切ですが、夢はイメージの世界ですから、良いサインがあればそれを見つけて励みにし、何事も前向きに進んで下さいね。

駄目なイメージを心に持ってしまうと、上手く行くことさえ停滞してしまいます。


M.Tさん、リクエスト(7/17)有難うございます(^^)/

某大手デパートのエレベーターから始まる夢ですが、先ず最初にあなたの心を支配していたのは「事故が起こるかもしれないという不安」ですので、この先どんなストーリーが夢の中で展開しようとも、それはあなたの不安が生み出したイメージでしかないと思うのです。

小さな不安は大きな不安を生み、やがて巨大な恐れとなって精神を支配し始めますから、「なにかの呪い」だと感じているのもそのせいですね。むやみに不安がるのは止めましょう。

また事故は起こってしまうものです。災害だって起こることを心配していてはキリが無いですよね? 備えあれば憂いなしということで、心配したり不安がるくらいなら、常に事故を防ぐ(または被害を最小限に食い止める)最善の努力をすることに意識を集中させた方が良いでしょうね。

さてM.Tさんはそういった事故への不安を持ちながらも、事故現場にあって人を助けたリ冷静に対処していますから、この先どんな事があっても大丈夫でしょう。

夢の中でそういう覚悟を決めていたのかもしれませんね?



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ