2006/12/26  17:40

【病人】が回復する夢は事態の好転を表す  夢判断

はるさん、リクエスト(10/17)有難うございます(^^)/

ある人と綱を同じ方向に【引く】のは、一生懸命、その人と一緒に何かの努力をしていることを表しているでしょう。綱(【ロープ】)が輪になったり(現実ではルール違反な)有利な引き方をしているのは、強い思いがあって何とか(人生の困難に)勝ちたい気持ちの表れでしょうね?

実際に、立場が少し有利になることもありそうです。

その人が瀕死の危篤状態(【病気】【病人】)になるので【病院】【見舞い】に行くと、その人が元気になるのも「事態の好転」を表しますから、努力の甲斐あって問題が解決するのではないでしょうか?

その時に病院に居た沢山の人は、あなたを「妨害する人」や「何らかの障害」を、背後に居たお【父】様らしき人は、あなたの「知性、賢さ、肉体的強靭さ」等を表しているでしょう。

つまり妨害を努力で乗り越え、知性や力強さで事態好転を導くということでしょうね?

上記の【キーワード】を更新ファイル移動させておきますね。



2006/12/28  2:45

投稿者:はる

ミニさん
いつも分かりやすい夢解釈をありがとう
ございます。今回見た夢はとても印象に
残っていて、解釈していただいたように
いつか乗りこえられたらいいなあとは
思います。病室に沢山いた人の混雑で
なかなかベットに辿り着けないというのが、
「妨害する人」や「障害」とは、なるほど
なあと勉強になりました。

でも、あの夢から2ヶ月、今現実にはその夢
とは逆の様相で、もうこのままもう一生連絡
もとらないのかもしれないという気もしてい
ます。でも、それはその方がその人にとっ
ても良いと思ってのことです。私にとって
もきっとそうなのです。実際には先のこと
などは何も分かりませんが、その人が幸せ
でいてくれたらと今はそれだけを思ってい
ます。また、何かの折にはぜひ夢解釈を
お願いできたらとてもありがたいです。

2007年ももうじきですね。どうぞミニ
さんにとりまして良い1年となりますように
お祈りしています。

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ