2008/8/5  10:21

this は上手く言えるのに that は下手  英語の発音


ということで、また思いつくまま発音のコツを書きますね…
誰もやっていないみたいなので(^^ゞ

私のジャズコーラスのもう一つのグループは、
東大・早稲田・慶応卒のメンバーが揃っていて(私は違います)、
仕事も出来、海外に頻繁に出張に行ったりして英会話はペラペラなのですが、
英語の発音は日本語訛りだったりする。
意味が通じるなら、それはそれで日本人らしくてステキですが。

でも、ジャズでは注意されてしまうのです。

                          * * *

this は殆どの人が「ディ(ス)」と上手に言えますよね。
「ジ(ス)」と言う人は滅多に居ない。
なのに、that が「ザッ(ト)」になっている人は意外に多いです。

「ザッ(ト)」は有り得ません。
聴覚的ではなく、音声学的にはザよりはダに近いです。

が a の部分が例の発音記号 [ae] みたいな感じで「エァ」ですから、「デァ」。

舌を前歯で軽く噛みつつ「ディ(ス)」と言うその口の状態を保ったまま、
デァッ(ト)」と言ってみましょう。

…上手く言えましたか?



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ