2008/8/12  1:36

太陽と海の教室(第四話  テレビ

このドラマは、
サクサク先生がどんな有り得ない行動を取ってくれるのかを、
ワクワクしながら楽しむドラマです(キッパリ)。

その有り得ない(と言っても決して不可能なことではない)行動として、
今回はグランドピアノをわざわざ岸壁に運び出して、
海に向かって生徒にピアノを弾かせるというのがありましが、
わざわざピアノを運び出すには、理由がちゃんとあるのです。

つまり、(自分には)出来まセンという線引きから飛び出すこと。

学校の音楽室から岸壁へと飛び出したピアノは、
それはそれは素晴らしい子ども達の未来の可能性の象徴なんですよね!

あ〜楽しかった♪

今回の光る台詞の中で気になった、
「恋は落ちるものだよ」…。

きっとサクサク先生もかつて素敵な恋に真っ逆さまに落ちたに違いない、
と想像させてくれて興味深々。

今後は是非そこら辺も一つ、触りだけでも描いて下さいまし。>坂元先生



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ