2008/9/22  22:26

太陽と海の教室(最終話  テレビ

素晴らしい最終回でしたね。
このドラマを観なかった人は確実に損をしている、と断言出来るほど。

第1話からの今までの色々な出来事が伏線となって全部繋がっていて、
またサクサク先生の教えがシッカリ子供達に伝わっていることが、
心から嬉しく、感動の涙を流せました。

サクサク先生の真っ逆さまに落ちた恋話にかすりもしなかった事だけは
ちょっぴり残念でしたが、
あの魅力にはやっぱり若葉先生も徐々に惹かれていたのですね。

しかし最後の終わり方が、
やっぱりヘンなセンセ〜〜というカラーを保ったままで、これまた面白かった。

卒業式なのに、初回に現れた時の服装とカバンで、
まるで海から現れ海に去って行く様な余韻…
好きだわぁ〜この意味ありげなムード

                           * * *

人を信じる、生徒を信じる…って言葉でいうのは簡単ですが、
本当に信じるってこういうことなのよね、と思わせる
感慨深いシーンもありました。

光る台詞の数々は、
織田さんの心からの演技によって何倍も輝いていましたね。
台詞の真の意味をちゃんと理解しているからこその、説得力!

人生に於ける目の前に立ちはだかる所謂‘壁’は、
実は壁ではなかったのですね、坂元先生。

壁に見えていたものは、「駄目だと諦める自分」だったり、
「逃げたくなる自分」だったり…つまり鏡なのだと。
は〜納得です、スバラシイ。

終わり良ければ全てヨシな、最高なドラマでした。
有難うございました



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ